【オフィスミギ】晴れ男なものですから

向き不向きより前向きに 

b0119854_08220660.jpg

大嶋記胤の半生を社会学の観点から描いた本が出版されました。

破天荒は生き方だけど、
常にその時の自分に正直だったように思います。

ながらくかかったけれど、出版おめでとう。

この本を読んで、多くの人たちに影響を与えるものになると思う。

是非手にとってみてくださいませ。








[PR]

# by officemigi | 2018-03-08 08:28 | 林建次の日々 | Comments(0)

2/5

アーティストという定義がある限られた世界の人々のことであり、

肩書きなどで世間から敬われる存在で、

また、難解なものを分かる人にだけ分かればいい、というスタンスなら、

そんなものにはなりたくないし、呼ばれたくもないな。


だが例えば、その定義が「生きる」ということに直結し、

善も悪も超越して心揺さぶられる体験を表現するということだったら、

こんな自分でもそうでありたいと願う。


どんな立場の人でも、言ってしまえばこの世に生を受けたのならば、

それがアーティストなんじゃなかな。


LIFE IS ART とはそういうことだと思う、ね。


[PR]

# by officemigi | 2018-02-05 21:56 | 林建次の日々 | Comments(0)

フラッシュバック

たまたま仕事で牛久という場所へ。

24年前になるのかね、
世田谷から行き着いた場所が茨城の牛久愛和病院っていう大きな総合病院。

不思議と当時のことが思い出させられるね。

のたうち回りながら、自分はどうなっちまうんだろうなっていうのか、
10年後、20年後って果たして俺は、とか思ってたかな。
あの当時を考えれば、今は天国にいるようなものだな。

お前さん大丈夫だよ、なんとかなってるからって伝えてやりたいなと思ったね。






[PR]

# by officemigi | 2018-01-26 00:08 | 林建次の日々 | Comments(0)