【オフィスミギ】晴れ男なものですから

ビジョントレーニング取材

イプラス赤羽ジムのトレーナー美濃部さんのインタビュー。

ビジョントレーニングとは、眼の訓練のように思われがちだが、これはまさしく右脳のトレーニング。

脳から発信される回路をいかに短縮するのか。
脳波を図りながらの訓練は実際に眼に見える効果があり、わかりやすい。

ほかにもイメージトレーニングのお話を伺う。

自分自身の心を明確に映し出し、その方向を導く。

林カメラマンがこの訓練を受けたときの動体視力に驚いた。
やはり、眼の動きが普通のひとより鋭い。

ある編集者に言われたことがある。

「手でシャッター切るんじゃなくて、口で切ってるんだから、それだけ脳に近い分、他の人には撮れない写真が出来上がるに違いない。手のハンディがすごい結果につながることになる。」

それはすごい発想だ。
正解なのがどうかはわからないが確かに人とは違う写真かもしれない。
[PR]

by officemigi | 2007-11-15 23:07 | Comments(0)
<< 中山万里写真展「空地への感謝」... 編集作業 >>