人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【オフィスミギ】晴れ男なものですから

Wasted Days

 ジョン・メレンキャンプとブルーススプリングスティーンが共演してるのには驚いた。80年代から90年代の彼らの活躍、現在でもカントリーロックのビックネームとして二人は存在しているけど、初めての共演だという。ジョンのアルバムにスプリングスティーンが参加したカタチだ。高校生の頃からジョンのファンであるワタクシとしてはかなり感慨深い。ミュージックビデオを観たけれど、70歳を超えた二人の佇まいが堪らない。眼差しがなんとも深く、白髪や刻まれた顔のシワが年輪を表して、意図していなくともいつくもの喜怒哀楽を体験しながら老いていくことの味わい深さを示してくれているよに思う。ここまで来たんだなと思いました。

 ジョンがつくったWasted Daysという曲はネガティブのように感じる。自身の内面に様々なこと問いかけながら、もう終わりはすぐそこにあるって歌ってる。老いと死という不条理に対しての実に正直な想い。不安とかじゃなく、なんて表現すればよいのかね。彼らはかつて華やかに見える場所にいて汚いものにもまみれてきたのであろうけど、その中で大切なものを見出すことができたのだろうか。未だ見出すことができないのかもしれない。限りあるものの儚さに向き合うこと。作家、開高健も、かたまり、覚悟し、悟ったとか思えば、揺らぎ、迷い、漂う、というようなことをどこかでいっていたように記憶している。この曲は若者に受けるものではなが、晩年を生きいる誰もが深くうなずいていることなんではないだろうか。実にジョンらしいなと。また渋く深くなった歌声。


 ジョンは80年代、彼が30代のころに発表したsmall townという曲がある。インディアナ州シーモアという片田舎で育ったジョンが、反抗に反抗を重ねて自分のアイデンティティを育んだsmall townに敬愛を込めてた曲。pvの最後に「いつかこの街で死んで、ここに埋葬されるんだろうな」と歌い上げると、祖父スペック・メレンキャンプの墓がズームアップされたのちに、アウトフォーカスしていく。おそらくスペックの死によってだろうが、ジョンがこの頃からいつかやってくる死を意識しているのが分かる。

 またjack & dianeではアメリカの片田舎で生きる10代の恋人の青春群像をノスタルジックに描きながら「生きることのスリルがなくなっても人生は続く」と歌い「16歳の頃を忘れるな。変化はあっというまに訪れて、本当の男と女に変えてしまう」と言い切る。農業などが中心の保守的な地域で暮らすアメリカ人の典型的な生活や抱えている想いを表しているのだけど、ジョンは刺激のない退屈で当たり前の生活でも、みんななんとかやっていけるよっていう自身の体験を含めた想いを伝えてる。ビルボート全米no1になったこの曲は、あの時代の若者だけでなく、中年や晩年を生きる人たちのある種の慰めだったように思う。80年代から行われているファームエイドという小規模農家を援助するチャリティーコンサートをいまだに続けている。ジョンの曲は当たり前に生きる人たちへひかりを当てるようなものが多いと思う。


 かつて不良で、今は素朴で、ずっと田舎者。もし生きながらえるなら、あんな趣あるジジィになりたいものだね。






by officemigi | 2021-10-21 22:30 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 一人ぼっちは絵描きになる 記憶の片鱗 >>