人気ブログランキング |

【オフィスミギ】晴れ男なものですから

移転です



ご報告遅れまくって大変申し訳なく

永らくお世話になった下北を離れて川崎市に移転しました。


下北という街は変わらず大好きですが、あらたらに展開していくのもいいかと。


川崎という理由は大なり小なりありますが、究極は「多摩川に惚れたから」というのがメインですね。

移転する計画はもともとありましたが、候補として下北近辺もあったのですが、梅ヶ丘、上原、西荻窪など物件も見て、あれやこれやと思案したものです。


で、昨年、新丸子のナーリッシュでの小さな個展をさせていただいたご縁もあり、どうなのだろうかな、とゆらり物件をいくつか観たついでに、ちかくに多摩川があるので散歩がてら寄ってみたら、衝撃でした。マンションや電線とか文明的に遮るものが一切なく、突き抜けた空が一気に開けてて、太陽と月が、燦々と煌々と。なんて素晴らしいのだろうと思ったものです。時として自然の厳しい一面も見せられるけど、なんの障害もなく高々とある天上に真っすぐ繋がっていく感覚は、嫌でもまとわりつく浮世の諸々の「業」や「欲」を一気に洗い流してくれて、人間が本来持っているまっさらな感覚を無条件で与えてくれているように思うのです。これを毎日感じていたいものだな、というのが一番の理由かな。


それで物件もワタクシにとっては素晴らしく、人を撮るスタジオとしても機能できる環境で、粛々とスタジオワークにも励もうかと思う次第で諸々準備中です。どうも、ワタクシには外で撮るイメージはあるけれど、こう見えてスタジオワークは結構好きでね。ロケやドキュメントはそのときどきの環境の光に寄り添っていく作業だけど、スタジオは光を自分でコントロールして描いたイメージをカタチに変える作業でもあるもので、それはそれで楽しいものです。あとそうだな、原稿に行き詰っても、お天気良い日に多摩川の土手で漂いながらここちよく書くのも楽しみだね。このペースでいくと、いずれは山小屋かもしれんなぁ、と思う次第でね。


昔しね、築100年の古民家を改築した山猫軒っていうまきストーブのカフェが埼玉の山奥、堂平とかにあって、そこはかつて都心で活躍していたカメラマンとライターの初老のご夫婦が経営されてました。ジャズとか撮っていらしたと記憶してる。素敵だなぁと思って、あんな風になりたいものだと20代のワタクシは思ったものです。で、これからの10年は実は本当に楽しみにしていたので、いい感じで熟成してみようかね。

 年末からあれこれ動いててかなり落ち着かない感じでの移転だったので、下北の皆様にはご挨拶もろくにできない感じで申し訳ないのですが、これからふらりと顔出しにいくので、どうぞよろしゅう。

 世間は、世界は、コロナの影響でどうにもこうにもいびつに萎縮してて、マスクやら、トイレットペーパーも見当たらんような感じで、どうなるのかも想像はできないですが、いろんなことが試されてんのかもしれませんねぇ。当たり前にあることがどれだけ素晴らしいんかっちゅうね。焦らずともゆらりと動いて、そうね、役目があるならそれに殉ずるのもいいな。


先日、仕事の帰りに早朝の高野山に行きました。空海の息遣いを感じながら。
うん、「春」ですねぇ。

移転です_b0119854_16555750.jpg



by officemigi | 2020-03-19 17:00 | 林建次の日々 | Comments(0)
映画の現場へ >>