人気ブログランキング |

【オフィスミギ】晴れ男なものですから

今日の昼過ぎのはなし。



白髪のね、とても綺麗な目をした女性とお話をした。

たわいもないことを楽しくあれこれとおしゃべりしてて、その流れで、ごく自然と彼女がどう生きてきたのかという話をゆるりとしてくれた。
若い頃から入れ替わり立ち替わり、親や親戚の介護したり、看取ったりの人生だったんだそう。ずっと。
最後は、旦那をしっかり介護をして見送ったんだと。
「誰かのために無心で生きてきたものです。だから、ポツンと独りになってね、与えられた自分だけの自由な時間をどう過ごしていいものなのかわからないのです。自分のために時間を使うことは贅沢なことだと思います。だけど、わたしの生きがいは誰かのために尽くすことでしたから」
寂しさを含んだ戸惑いを、純粋な少女のような眼差しでまっすぐにワタクシに訴えてきた。
胸が痛んでどう返答していいのかわからずに頷いていると、にっこり笑って飴玉をふたつくれた。
肩書きも何もないけれど、素敵なひとはいるものですね。









by officemigi | 2019-12-17 02:21 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 謹賀新年 11月12日 >>