人気ブログランキング |

【オフィスミギ】晴れ男なものですから

11月12日

そういえば、風邪、発熱を24時間以内で治した林です。

悪寒、咳、発熱は、まず、熱い風呂に何度か入って汗を流し、水を大量に飲み、求めるがままに好きなものを喰う。
で、ちょっぴりお酒。
それで治すのがワタクシの方法論です。で、駄目なら医者、クスリ。

久々に展示を終えてあれこれ思うのだけれど、潜在的に自分の考えていることを具体的に観ることができるということかな。
昨年した展示は寺田冷機さんの職人たちの想いだったので、あらためて自分に中心を置いたとき、嗚呼、そうなうかと思った。
うすうす解ってはいたが、ですね。

最初は自分のことを見つめる作業なのですが、やはり、それはきっかけでね、結局、感動してるのは外から与えられているのもなんです。
それは、とっても普遍的なものだよな。

うんとね、嫌なものいっぱい見たり感じたりすることもあります。生きていれば。
けど、それも人間が持っている本質の一部だなと思うし、正しいとか間違っているということでもないかな。

けど、その中でとても美しいものを見たり感じたりすると、こころ揺さぶられる体験になる。
例えは悪いけど、普段恐ろしいオーラを纏った方(ヤクザ)がごく平均的なダジャレを発すれば、想像以上に受けてしまうっていいうのと同じでね。
そうね、美しく表現すれば、ハスの華の在り方ということだと想う。

だから、身体の痛みというものも、そうやって昇華させることだと思うねぇ。



by officemigi | 2019-11-13 02:51 | 林建次の日々 | Comments(0)
寒気にて >>