【オフィスミギ】晴れ男なものですから

キャンドルナイと写真展。

キャンドルナイトは写真展のみならず、
今回のトークの前後にライブや、声明などがありました。

トークのほうは寺田冷機社長と早水住職、自分というかたちです。

その前後の弾き語りを鈴にお願いした。やはり、聖域でのライブは素晴らしく響いた。
最後に南風815という曲を披露してくれた。

b0119854_09022084.jpg
b0119854_09021824.jpg
展示のほうは1日目と2日目でレイアウトを変えた。
一般的な展示の方法ではなく、自由な発想で楽しんだ。
B0サイズ11点、B1サイズ5点という迫力は、本妙院の境内に
素直に馴染んでいて、想像以上のエネルギー体になっていて良かったと思う。

かなりタイトだったのと準備不足で告知が遅れていましたが、
読売新聞に記事がでたことで、2日目早々から足を運んでくださる方々もたくさん
いらしていただきました。

その中でなにより印象的だったのは、おそらくは50歳代の女性の方。

彼女はひとつひとつの写真を喰い入るように観ていました。

そして彼女はわたしのところへ来て、
感情そのままに泣きながら想いを伝えてくれました。

「初めて「生きている」人間の写真を観ました。
いろんな感情が一気に溢れ出して、亡くなった夫を思い起こさせせてくれました。
明確な姿で。
夫がなくなってからは無味乾燥な日々でしたけど、何か沸き起こるようなものを頂けたように思います。
上手くは伝えられないのですが、ここに来れて本当によかった。ありがとうございました」

号泣といってよかった。

お寺という磁場と見えない場所で必死で格闘している職人たちの熱のようなものを
感じ取って、自身の心の奥底にある「何か」に触れたのだろう。

そういえば、以前にもこんなことがあったね。

このことだけでも、写真展をした価値があったのだ、と思った。

b0119854_09154970.jpg
b0119854_09154796.jpg
b0119854_09154749.jpg
b0119854_09154617.jpg
b0119854_09154696.jpg
b0119854_09382882.jpg
b0119854_09390167.jpg












[PR]

by officemigi | 2018-06-04 09:39 | 林建次の日々 | Comments(2)
Commented by サチ at 2018-06-13 20:40 x
林さん、お久しぶりです。写真展行かれなくてすみませんでした。
読売新聞の記事は、何日の記事ですか?近い日程のを見たのですが見つかりませんでした。
Commented by officemigi at 2018-06-14 06:49
> サチさん
嗚呼、気づかずにすいません!読売は6月3日の朝刊です。展示もですが、鈴も演奏、すごく良かったですよ!
キャンドルナイト イン 本妙院 >>