【オフィスミギ】晴れ男なものですから

歳月

先日、木更津にて忘年会の後、
市内のホテルに泊まった。

はやく帰って仕事だと決めて早朝にチェックアウトを済ませている時、
ロビーに目をやると大きな絵画が飾ってある。

よくある風景だが、
女性の美しいラインで描かれていてなんとなく眺めていると、
これは工藤村正先生の作品ではないかと感じた。

近寄ってマジマジと眺めているとサインがあり、
MURAMASA KUDO
とある。

こんなタイミングで出会えるとは。
あゝ、そいういえば先生はお元気だろうか、
個展に足を運んでいなかった。

先生にもご連絡させていただき、
お世話になったマリさんにもご連絡させて頂いた。

あれから20年の歳月が流れたんだな。

自分の人生に大きな影響を与えてくれたお二人に
ただただ感謝の念が湧いてくる。





[PR]

by officemigi | 2017-12-25 13:16 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 師走 現場2 >>