人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【オフィスミギ】晴れ男なものですから

外部の自分から見れば

資生堂は、あのままCMを流すべきだと思った。
確かに解釈の仕方にもよるが、打ち切りってちょっと過剰だよな。


東京五輪のデザインの件はいろいろボロが出で仕方ないけど、
今回のは、受け取り側の問題が大きいと思う。
むしろ好感を持っている人も多い。
実際観て確かに攻撃的なところはあるが、なんでこれで打ち切りなのかと思う。
やっぱり100%で素晴らしいってことは絶対なくって、
いいという意見が多ければ、その同じエネルギーで嫌いだというアンチもいるのは当然で。
作ったものに対して意図があるはずで、信念があれば貫いてほしいと思う。
目の前の利益だけを考えるだけでなく、時としてそういう姿勢って大事だと思う。
オリンピックの佐野さんとは逆で、その方がかっこいいと思うけどな。


広告だから、商品のイメージや売れ行きにたいしての配慮がなされるのは当然理解出来るが、
あの程度で簡単に折れてしまうのは凄く残念だ。
会社の損失もあるのだろうし、大変なんだと思うけど、
ああいう意見にはいそうですねって負けてしまうのは、
表現する側としてはとても悔しいと思う。


制作サイドは、ギリギリのラインを狙っていたんじゃないかな。
ネットユーザーのこのような反応があるかもしれないという可能性も考えていたのではないかな。
が、それでも賭けたかったのだろうし、今の時代の「何か」を投げかけたかったのかなと。


にしても、あの程度で差別だって言い出すのはどうかねぇ。
重箱の隅をつつくような感じでさ、そんなのほっときゃいいのに。


あのCMの本質を理解できる人だってたくさんいるのにね。
よっしゃ、がんばろって思った人もいるはずで、
けど、プラスの意見は反映されない。
それこそ、佐野さんのように、自信持って言えばよかったのにね。


自分にも大なり小なりの経験はあるし、ぶつかりもしたけれど、
やっぱり立場の違いがそうさせるのは仕方ない、
と思うけど、
想いが強ければ簡単に、はい、分かりました、とも言いたくない。

んん、広告って難しいねぇ。やっぱり。

by officemigi | 2016-10-08 01:15 | Comments(0)
<< 昨日 ほったらかしのhp >>