【オフィスミギ】晴れ男なものですから

12月19日

埼玉県立大学にて大島記胤の講演でした。
福祉課ということなのかわからないけれど70名ぐらいの生徒さんは女子がほとんどでした。開始当初はその雰囲気にとまどっていたのかもしれませんが、彼には伝えたい思いが明確でした。自分はこう生きてきた、ヤクザだった、失敗の連続だった、、チャンピオンにはなれなかった、カタチとして何者にもなれなかった。現在はひとりの介護士という肩書きにしかしぎない。ただ、必死で生きてきたことのみを伝えていた。なぜ、介護士になったのか。そこから何を感じて来たのか。そして夢を語った。生徒さんたちの顔つきは明らかに変わっていった。講演後も記胤に聞いてきたいことがある生徒さんに対して誠実に向き合って話していました。正直、涙がでそうになった。
b0119854_9414790.jpg
b0119854_9414087.jpg
b0119854_9413193.jpg
b0119854_9411799.jpg
この講演は続いていこことになるだろう。
それとは別に来年の2月には、また彼の話を聞ける機会があります。
またここでお知らせします。
[PR]

by officemigi | 2014-12-20 00:36 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 12/25 11/28 >>