【オフィスミギ】晴れ男なものですから

アンチェイン


豊田監督の作品で、たまらなく好きです。
仕事で豊田さんを撮らせて頂いたことがありましたが、この映画を見る前でした。

たった一度も勝つことの出来なかったボクサーのドキュメンタリー。
「これはエンターテイメントなんだ」
ドキュメントだけれど、彼らを筋書き通りにコントロールする豊田さんを
怖いという人がいたけれど、何度も見るうちになんて優しいんだろうと思った。

通天閣をもじったツテンカークというアンチェイン梶のバンド。
彼が詩を作っている。
映画にも使われていて、梶の歌いっぷりがなんだか滲みます。
ダサくて最高にかっこいいというか。たまらんです。








[PR]

by officemigi | 2014-05-15 00:45 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 5/16 5/12 >>