【オフィスミギ】晴れ男なものですから

4/26

身体はドキツい感じではあるが、長年の経験によって
対処の仕方もある。
なにより力になるのは、求められることと刺激を受けることだ。

ノリツグとまた公園にて。
お互いがバンコクの頃から一緒に生きてきたように思う。
必要なことを話し、きちんと向き合い、終ればさっと帰る。
ベタベタすることもなく、お互いが理解しあえているからだと思う。
また独りになって考える。いい時間だ。
そういう意味で孤独というのはいいと思う。
ノリツグは今日、公園で四葉のクローバーをみつけ、
妻に嬉しそうにみせていた。親子3人が夕焼けの暖かい光につつまれて、
とても美しかった。


その後、鈴 康寛のライブへ。およそ10年前、リトルモアの関係で知り合った。
彼の歌は、どん底であったとしても、愛で溢れていて、
切なさや儚さにも正面から向き合い、そこから救い上げるように歌う。
詩もそうだ。
彼のライブでは涙を流す人が多い。
彼がこの十年、どんな風に生きてきたのかが痛いほど伝わった。
すごくいい時間だった。
皆、本当に素敵だと、心底思った。
b0119854_1251521.jpg
b0119854_1254586.jpg
b0119854_1252918.jpg

[PR]

by officemigi | 2014-04-27 01:26 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 4/27 家族の風景 >>