【オフィスミギ】晴れ男なものですから

オルタスジャパン忘年会

2010年にお世話になりましたオルタスジャパンの忘年会でビンゴで皆がうらやむ社長賞頂きました。
来年は飛躍の年に。
様々な出会いや再会ありで、来年にむけて大きな展開ができそうな気がします。
今年は新年からアメフトの青春群像の執筆に集中し、
後半は職人の撮影、執筆。
必死で食らいついていった結果を今、実感してます。

多くの方々とステップアップした環境で望めるようにしたい。

もうひつ嬉しいことは、敬愛する写真家の土門拳さんのお弟子さんであり、
オルタスジャパンのディリクター、プロデューサー、制作総括である吉岡さんにお会い出来たこと。
土門さんの火柱のような撮るスタンスが大好きなことと、今年、あの室生寺に行けたことなどをお話させて頂きました。吉岡さんが制作した土門拳さんの番組のdvdを頂きました。
来年、写真と映像での表現を一緒に模索出来ればと言って頂けたので、とにかく嬉しい。
厳しい現実の中でも、もうずっと自分の思うような表現をする媒体を持つという目標があり、
ここ2年の経験でより具体的なイメージが出来ると思う。

最後の最後で撮りたい、関わりたいと思う方がいるので。
なんとしてでも。だ。
[PR]

by officemigi | 2013-12-21 02:41 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 12/24 なんだか >>