【オフィスミギ】晴れ男なものですから

上棟

今日の午前中も、凄まじく暑かったがそれはそれで良く、
とても充実した時間となった。
上棟を始めから終わりまでを体験させて頂いた。
三段から四段まで組まれた揺れまくる足場を、行き来しながら彼らの仕事ぶりの息づかいを聞かせて頂いた。素晴らしい、の一言だ。
高い場所だけに、考える。申し訳ないが望遠レンズで下から撮るという発想はまるでなかった。同じ場所に立ってみたい。事故でもすれば多大なるご迷惑をおかけしてしまうのも十分理解していたが、どうしてもその息づかいを感じられる距離で撮りたかった。朝、神社でご迷惑おかけしませんようにとお祈りしてきたから大丈夫だという勝手な解釈で現場に行った。おまえいいかげんにしろと言われても、三回までは聞こえないことにしておこう。その代わり絶対、価値ある写真を撮る自信はあった。彼らのように器用には動けないが、メットを被って思うような場所に行って、思うように撮りまくった。高いとことは苦手だが、どうしても撮りたいと思うと、あまり気にならなくなるから不思議だ。怖さ以上に平然とやってのける彼らがあまりに美しく見えるから。結局、1日中へばりついた。
家族写真も撮らせて頂きました。素敵な家族。幸せって思えるのはやっぱりいいですね。
あらためて撮らせて頂いている様々なことや、環境に感謝しています。
明日の撮影は延期となったので、しばらくはテキストに集中。
[PR]

by officemigi | 2013-09-14 22:58 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< 原稿 朝一で >>