人気ブログランキング |

【オフィスミギ】晴れ男なものですから

青コーナーにて

b0119854_0234566.jpg
b0119854_0233038.jpg
先日の吉祥寺の会でミサンガだけにとどまらず、
小冊子を頂きました。(頂いてばかり。。。)

庶光器土偶  147ページ

青コーナーにて 今野忠憲

内容は仙台での講演でご一緒した佐藤正晃さんのボクサー時代の話。
当時はバブル全盛で皆が浮かれていた時代だったかもしれません。
お二人は学友であり同郷でもあった。
佐藤さんは大学時代に輪島ジムからプロデビューし、
4回戦でありながらも世間から注目の一戦を戦うことになる。
佐藤さんが注目されているわけではなく、その対戦相手が、だ。
人気作家の椎名誠の長男であり、その実力もかなりのものがあるという。
マスコミはのそスターの要素を持ったボクサーのデビュー戦を報道しようと
多くのカメラマンがリングサイドを陣取っいたという。
観客は注目のボクサー目当てが殆どだったようだ。
今野さんはそんな状況で戦わなくてはならない友を憂う。
孤高に青コーナーから向かってゆくその背中を眺めながら。
結果は佐藤さんの劇的なKO勝ちとなり、逆に大きく報道されることに。
その後、佐藤さんは新人王にエントリーし、元高校王者を倒し勢いに乗るが
目の疾患により志し半ばで引退。
精一杯生きた青春時代のふたりの関係を、今野さんの人柄を感じさせる素朴で優しく想いのこもった文章でした。
そして最後に、佐藤さん、大嶋宏成氏と私で震災後のボクシング教室の話も書いて頂いた。

今野さんがその文章につけたタイトルは「青コーナーにて。」

それは昨年、震災で心を痛めた方々に少しでも笑顔を取り戻して欲しい一心で、
講演とボクシング教室を実現させるために必死で奔走した
今野さん、鴇田さんを始めとする皆様の一番伝えたいメッセージ。

チャンピオンコーナーの赤ではなく、青コーナー。
つまりチャレンジャーであるということ。

どんな状況でも諦めずに立ち向かってゆく。

今野さん、皆様、ありがとうございました。

by officemigi | 2012-03-27 00:22 | 林建次の日々 | Comments(1)
Commented by こんの at 2012-03-27 21:45 x
 林さん、ブログに取り上げていただきありがとうございます。
「青コーナーにて」を書くことは、佐藤との二十年来の約束でした。新たに出会えた皆さんとお話をしながら過ごした吉祥寺のあの夜は、佐藤の「引退式」、そして皆さんとの「結団式」の意味合いを帯びたような気がしています。本当に楽しかったです、ぜひまた。
<< 4月2日 吉祥寺にて >>