【オフィスミギ】晴れ男なものですから

向日葵 鈴康寛  labo yoyogi


鈴と出会ったのは2000年あたりだったろう。


映画「アンチェイン」で豊田利晃監督を取材した流れで、

俳優として豊田監督のデビュー作である「ポルノスター」に

出演していた鈴を知り、どういう流れだったか忘れたけれど、

豊田監督らと一緒に鈴のライブに行った記憶がある。


個性派揃いのプロダクションに所属していて、当時の社長から、

普通じゃない宣材写真を撮ってくれということで、

随分とまぁむちゃくちゃな撮影をして楽しんでいた記憶もある。


当時から存在感があり過ぎるというか、

眼の奥にある種の「狂気」みたいなものを漂わせていていた。


当然、優しさをたずさえた人間でもあって、その振り幅が魅力だった。


「帰省」という曲を日テレのドラマの主題歌として楽曲提供するなど、

シンガーソングライターとしての実力も評価されていた。


それから永らく会うことはなくなったが、

俳優を掛け持つのは止めたという話を聞いたような気がする。



この「向日葵」は、鈴と10年ぶりぐらいに再会したときに聴いた曲。

小さくてアットホームなカフェバーのようなところで演奏していた。

久しぶりに再会した彼がこれまでをどんな想いで生きてきたのか、

を感じることができる素晴らしい演奏だった。


そして「向日葵」をきいたとき、多分、もう会うことがないであろう誰かの顔が浮かんだ。

なみだが溢れてきた。

おそらく、ひとそれぞれの「何か」にふれてしまうんだろうな。


「向日葵」は、鈴が敬愛する祖父に宛てた曲だという。
詳しい話は聞いていないが、それは知らなくていいように想った。

向日葵

詞 曲 鈴康寛

ギター 宮崎達也
パーカッション 前田卓次
キーボード 坂下 正俊 (Manzo Jp)



[PR]

# by officemigi | 2017-08-29 21:34 | 林建次の日々 | Comments(2)

先日

河出書房の河出社長にわざわざ下北沢の事務所(こじんまりだけど趣あってねぇ)に来ていただき6時間以上も語り合う。

なかなか6時間もずっと語り合うことはないかもしれないな。

でもあっという間だった。

河出社長の情熱も凄い。


自分がこれまでのことや、創ってきたもの。その意味。

これからやりたいこと、やらなければならないこと、

そして、なぜテーマ「祈」なのかも。

それについても語り尽くには時間が足りないくらいだったな。

さてさて、もっともっと話す機会をつくっていこうと思う。

力借りたい人もたくさんいるしね。

どうぞ、よろしゅう。



[PR]

# by officemigi | 2017-08-16 20:15 | 林建次の日々 | Comments(0)

8月10日

さて。


マリーゴールドは8日目を迎えて

いまだ元気に咲き誇り、

サンキライという仲間もふえて、

なにやら楽しそうである。


お盆とはいえ、あれこれ撮影あり、打ち合わせあり、と

なかなか盛りだくさんだな。


和氣くんの試合も決まり、

年内の世界戦に向けて並走していきたいしね。


名門の京大アメフト部のイヤーブックも仕上がってくるし、

今年はすごく期待している。


そのイヤーブックの執筆中に、どいいうわけだか思い立って

事務所の模様替えをして、さらに過ごしやすいよう改良した。

潜在的に書きやすい環境を作りたかったんだと思う。


けど、写真表現という領域はこれからさらに広げていきたい。

女性をモチーフにした作品創りもそのひとつだ。


同時に、「書く」ということも、もっと昇華させていきたいと考える。

それにはやはり勉強が必要で、これまでは感覚的なものだけに依存していた。


写真でいったら、カメラの構造や歴史、フィルムの知識、光の原則、印画紙のセレクト、

そいういったものをきちんと学ばずに感覚だけで撮っているようなものである。

それで写真家と名乗っていけないわけではないが、やはり浅いかもしれない。


だから、「書く」ということも同じで、自分なりに学んでいこうと思う。

というわけで朝の掃除を終えたら、30分は本を読む、ということにしているし、

これまでにあまり好きではなかった作品も読んでみようと思う。



[PR]

# by officemigi | 2017-08-10 12:10 | 林建次の日々 | Comments(0)