【オフィスミギ】晴れ男なものですから

和氣慎吾 9/13

リングに上がったときの姿というか雰囲気は、やはり華のあるボクサーだと強く感じさせる。
本人としては、試合内容に課題や不安はあるかもしれないが、最後にOKするのはさすがだと思う。

昨年の夏にこの大阪の地で無敗の世界チャンピオンに挑んだ。顔面は血だらけで晴れ上がり、片目の視界は殆ど塞がれ、何度もダウンを奪われた。だがその度に立ち上がり、修羅のような形相で立ち向かっていった。

逆転できる、なんとしてもチャンピオンになるのだ、という強烈な想いは、徐々にチャンピオンを追い詰めていく。だが、ダメージを受けすぎて危険だっだ。本能だけで闘う和氣をレフリーが止めた。正しい判断だったと思う。

あの時の無念の想いを観ている僕らに払拭させてくれる昨日のファイトだったと思う。

赤井さん、レイ、他、素晴らしいスタッフとともに和氣慎吾は悲願の世界タイトルを獲りにいく。



b0119854_11455672.jpg
b0119854_11461222.jpg


[PR]

# by officemigi | 2017-09-14 11:46 | 林建次の日々 | Comments(0)

9/13

季節の変わり目ということもあってだろうか、

ここ数日、身体を崩しまい、引き篭もっておりました。



ここまで酷いのはなかなか久しぶりであり、

身体を崩した20数年前の当時を少しだけ思い起こさせた。



なるほど、当時を思えば今抱えている痛みなど天国にいるような状態なのだろうが、

ときが経てば今の状態が最高潮に辛く感じるのは、身体がより楽な状態に慣れてくるからなんだろうな。

人間とはまことに贅沢にできているものだ。


それで、ふとバリアフリーってなんだろう、と思った。
ちょっと前に聴覚障がいの方の話を聞いたことがある。
目に見えてこないものを背負って生きることの困難さを初めて知った。


障がいとうものは多岐にわたって様々だが、どんな状態であれ社会に参加していくには、

やはり人並み以上のことをしなくてはならないと思う。

そして、社会がそれを理解することはとても大切なことだが、

同時に障がいを負った人たちが、社会で生きやすくするためにどうすればいいのか、や、

個人でも団体でも、自分が生きる大なり小なりのフィールドから、

自身が抱えている状態を理解してもらうための行動なり、

伝えるなりをするべきなんだな、と感じるようになった。


若い頃は、そんなものは屁でもないのだ、人並み以上にやってやる、

などと鼻息荒く意気込んで無茶ばかりしていたが、

もう限界を超えてまで、頑張らなくていいというか、ね。


まぁ、そんなんで、今日も部屋中を綺麗に掃除してすっきりとした朝を迎えた。

身体のことは、これからあれこれと取り組む前に、

不要なる膿なり毒が出たのだと解釈する。


ということで、和氣慎吾の世界へ向けての挑戦を撮るために、いざ大阪へ。


[PR]

# by officemigi | 2017-09-13 08:48 | 林建次の日々 | Comments(0)

向日葵 鈴康寛  labo yoyogi


鈴と出会ったのは2000年あたりだったろう。


映画「アンチェイン」で豊田利晃監督を取材した流れで、

俳優として豊田監督のデビュー作である「ポルノスター」に

出演していた鈴を知り、どういう流れだったか忘れたけれど、

豊田監督らと一緒に鈴のライブに行った記憶がある。


個性派揃いのプロダクションに所属していて、当時の社長から、

普通じゃない宣材写真を撮ってくれということで、

随分とまぁむちゃくちゃな撮影をして楽しんでいた記憶もある。


当時から存在感があり過ぎるというか、

眼の奥にある種の「狂気」みたいなものを漂わせていていた。


当然、優しさをたずさえた人間でもあって、その振り幅が魅力だった。


「帰省」という曲を日テレのドラマの主題歌として楽曲提供するなど、

シンガーソングライターとしての実力も評価されていた。


それから永らく会うことはなくなったが、

俳優を掛け持つのは止めたという話を聞いたような気がする。



この「向日葵」は、鈴と10年ぶりぐらいに再会したときに聴いた曲。

小さくてアットホームなカフェバーのようなところで演奏していた。

久しぶりに再会した彼がこれまでをどんな想いで生きてきたのか、

を感じることができる素晴らしい演奏だった。


そして「向日葵」をきいたとき、多分、もう会うことがないであろう誰かの顔が浮かんだ。

なみだが溢れてきた。

おそらく、ひとそれぞれの「何か」にふれてしまうんだろうな。


「向日葵」は、鈴が敬愛する祖父に宛てた曲だという。
詳しい話は聞いていないが、それは知らなくていいように想った。

向日葵

詞 曲 鈴康寛

ギター 宮崎達也
パーカッション 前田卓次
キーボード 坂下 正俊 (Manzo Jp)



[PR]

# by officemigi | 2017-08-29 21:34 | 林建次の日々 | Comments(2)