【オフィスミギ】晴れ男なものですから

男のロマン

紀伊国屋ホールで上演中の劇団MOPのお芝居「エンジェル・アイズ」の潜入ルポ第4弾。

本日は客席が見える位置に陣取り、その様子を観察。

始まって、しばらくは「えっ!?」って顔して観る。
次にクスクス、そしてガハハ。

しばらくして、「えっ!?」って思っていたところが、何の違和感もなく舞台に惹きこまれる。

ちょうど、洋画の字幕を追いかけているような感じ。
始めは着いていくのが大変だけど、そのうち、違和感なく、まるで英語がしゃべれるのかと錯覚するくらいすらすらついていける様と似ている。

笑いのツボがはまってくる頃、泣けてくる。

ラストシーンが押しせっまってくると、目頭を押さえたり、両手で顔を覆ったり、鼻をこすったりとこっそり涙をぬぐう。

なんと、そのしぐさをしている人々はほとんどが男性。
え~!?
男のロマンを堪能できるのは、女より、男の方が多いのか。

いつまでたっても少年と言われる意味がちょっとわかった気がする。
ロマンチック万歳!

女性の方々も、ぜひご覧下さい!
きっと男心がわかるようになります。

紀伊国屋ホール ~5日まで。


by shiori
[PR]

# by officemigi | 2007-09-01 01:15 | 劇団MOP | Comments(0)

ナラズモノのお誕生日

「エンジェル・アイズ」の東京公演は、ちょっとハプニングがあったもののさらにパワーアップしてスタート。
どんなハプニングかって?
それは終演後の三上さんの挨拶にあったように
「今日来た人はラッキーです」
というように、その場にいた人しか味わえない。
それがライブのお楽しみ。
だから何回観ても面白い。

西部劇はバンバン撃ち合うシーンもあるけど登場するナラズモノのお誕生日のシーンもある。
「誕生日」ではなく「お誕生日」という言葉を使う。
ナラズモノでも立派な人でもこの世に生まれた瞬間はみんな同じだ。
大人になっても、誕生日に「お」をつけちゃうところが可愛いなぁ。
ごっつい大人が「お誕生日」のプレゼントに一喜一憂する。

自分がこの世に降り立つことがなければ何もはじまらなかった。
そのすてきな記念日を祝う。
史織の誕生日はいつも夏休みのド真中。
子どものころから家族旅行の最中で見逃しがち。
おかげでいくつかの誕生日を抜かし、歳をとりそこねたかも。

「お誕生日」は特別な日なんだと改めて思った。

マキノさんのこだわりのワンフレーズ「お誕生日」の「お」の意味を感じながら年を重ねたい。        by shiori
[PR]

# by officemigi | 2007-08-30 14:37 | 劇団MOP | Comments(0)

エンジェル・アイズ 潜入ルポ

林カメラマンは、毎日のように現場に足を運び、その空気を逃さぬよう、撮影に入る。

一方、史織は、なかなか伺えないので、潜入するときは一語一句逃したくないと集中する。(してるように見えないとこが、あたしのよいとこです、、、えへへっ。)

お芝居の中に出てくる、「ナラズモノ」という使い慣れない言葉が耳につく。

「ならずもの」「成らず者」「不破者」とは辞書によると

1 品行の悪い者。
 また、定職がなく、悪事をして歩きまわる者。
 無頼漢。ごろつき。
2 生計が思うようにならない者。
3 不良

私は「成らず者」を勝手に解釈したい。

今はまだ、成せていない夢を抱えて生きている者。
いつか、きっと夢をかなえたいと心のどこかに想いを持っている者。

夢なんて現実の成れの果て。
絶対に諦めずに追い求めれば、今、どんなに苦しくったってたどり着く。

office migiは、マキノさんお墨付きの「バカの資格がある、ナラズモノ」だ。
せっかくなら、史織解釈の「成らず者」であり続けたい。
b0119854_10494367.jpg
こいつらバカだ~っとマキノさんの呟きが,また聞こえてきそうだ。 

いよいよ明日から始まる東京公演。
新宿紀伊国屋ホール。
平日はまだお席があります!!
土日もすこしはあるかも。
ぜひ、本物の「ナラズモノ」を観に来てください!

by shiori
[PR]

# by officemigi | 2007-08-28 11:06 | 劇団MOP | Comments(0)