【オフィスミギ】晴れ男なものですから

五反田 くらんど オープン!

b0119854_1045720.jpg元ライト級1位のBOXER田中光吉氏が、引退後、新たな旅立ちをした。

熊本出身の光吉氏は、地元の味を生かしてホルモン焼きと焼酎の店を出した。その名も「くらんど」

五反田東口徒歩2分(歩道橋渡り、キャッシュディスペンサーと吉野家の間を入り、1つ目の路地を右、道なりにいくと左側にあります・TEL03-3446-8215)

オープンから一刻も早く伺いたかったが、数日たってしまっていたにも関わらず、満面の笑顔で迎えてくれた。

今までに食べたことのないホルモン焼き。
いわゆるホルモン焼きとは食感が全く違う。

肉厚でおいしい!!!
林のお気に入りはピリ辛コク醤油味。
shioriは味噌味。

お薦めの焼酎もたまらなく良い香りで、女の子にも受けそうな美味。

ボクシングを続けるかどうか迷っていた彼は、
「今やめたって、ボクシングに変わる何かがあるわけではないし、しょうがないからボクシングを続けているようなところがある。」とつぶやいた。

この情熱を傾けられる何かなんて、見つかるはずがない。
そういっていた彼が新しい目標を胸に、舞台を移して闘いを挑もうとしている。

その現場に、こうして訪れることができ、一生懸命接客する姿を見ていると、目の前がにじんで見えた。

こんな幸せな瞬間はない。
輝いている田中光吉は、ボクサーのときと同じようにかっこいい。

7月12日後楽園ホールで彼の引退式が行われる。
大嶋記胤とのスパーリングがある。

会場にも、お店にもぜひ、来てください!!
[PR]

# by officemigi | 2007-07-02 10:06 | お知らせ | Comments(0)

かがやくいのちのコンサート

仕事の現場から、熊野を拠点とし、様々な音楽活動を展開している矢吹紫帆さん、矢中鷹光さん(とんちゃん)のコンサートが目黒にてあることを知り駆けつける。

おふたりにお会いするのはとっても久しぶり。
池上本門寺の満月の十三祭りの取材でお目にかかった時は「魂を抜き取る妖怪」のごとく見えた紫帆さんに、恐る恐るインタビューした記憶がよみがえる。

その後とても親しくなり、熊野への長期滞在を2度ほど、仕事の合間の立ち寄り2度ほど、陸の孤島、日本のチベットともよばれるあの熊野に、たびたび訪れることになった。

コンサートではいつもの即興音楽(紫帆さんは観客からお題を頂、即興で作曲しシンセサイザーで演奏する)を奏でる。
とんちゃんのボイスパフォーマンスは空気の粒子を一気に集めるのか、聴いていると呼吸が楽になる。

ちょっと言葉では言い表せないので、今年は東京ライブもたくさんあるようなのでぜひ、一度行ってみて下さい。

ここで紹介された堀部正枝さんの写真、中村久子さんの一生にDVDどれも一言では語れない。
 b0119854_9593789.jpg      まさしくかがやくいのちがあふれていた。
前回、熊野に伺ったとき、天女座のギャラリーで、たまたま堀部さんの写真展が行われていたので、その本人にお目にかかれて感激。
堀部さんの写真は、どうやって生物と会話してるの?って聞きたくなる不思議な写真ばかりで、地球で生息する小さな命の偉大さを知る。(堀部正枝さん撮影の写真)


会場でたまたま相席となった丹下一さんは、以前から何ども紫帆さんから聞いていた俳優・演出家で、偶然とはいえ、やっとお会いできたという感じがした。いろんな活動の一端のお話を聞くこともできし、演劇でこんなこともできるのかとびっくりすることも多々。(この話はまた後日書きます)

言葉にできない1日を過ごす。
[PR]

# by officemigi | 2007-07-02 09:39 | Comments(0)

office MIGI プロフィール

フォトグラファー
 officeMIGI 林建次 

officemigi HP
http://officemigi.com/


スタジオSでスタジオマンを経験し、ストロボランド在籍後、23歳の時、バイク事故で右腕の機能を
失う。3度の手術4度の入退院、リハビリで約3年間の休業。その後、写真館のカメラマンとして社会
復帰し、ライフワークでボクサーたちを撮り始める。使えない右腕をカバーするために、左手でカメラ
を持ち、口にくわえたレリーズでシャッターを切るという独特のスタイルを確立。1999年、フリーランスとして独立。

  写真展 2001年 ボクサー賛歌/大阪中津カンテグランテ
       2003年 拳闘人間/後楽園プリズムホール
             拳闘人間2/池上本門寺
       2005年 ONE THOUSAND OF DREAMS/リフレクション
             生きるために人は夢を見る/YAMAWAKIギャラリー

 メディア  2007年 読売新聞    「ヒト物語」で左腕のカメラマンとして紹介される
             ニッポン放送  うえやなぎまさひこ「サプライズ」    
             扶桑社    「母ちゃんダンプ」より「ボクサーを撮る男」

       2009年 光村図書より中学2年生の道徳の教科書に作品と、カメラマンとして復帰する
            までのストーリーが6ページで収録される。

         NHKサタデースポーツ アナザーストーリー出演
 
             雑誌、ナンバー、ターザン、ダビンチ、フォトグラフィカ、
             読売新聞、千葉日報、等

        2010年 テレビ東京「生きるを伝える」出演 
             BS日テレ「キズナのチカラ」出演   アサヒカメラ、日本カメラ
心がぽかぽかするニュース(財)日本新聞協会
             静岡放送 サイエンスウッドCM出演
             
   書籍  

2009年
「生きるために人は夢を見る」 A-Works 

12年間で20人あまりのボクサーたちと並走しながら、その家族や仲間たちの物語と、自身のライフストーリーを交えた作品集


「そして、幕が上がる」 長崎出版

2007年より劇作家、マキノノゾミ主宰劇団MOPの現場の関わり、演出家、役者たちが、 舞台に上がる直前の究極のシーンを切り取ったドキュメンタリー写真集 


2013年 
「蒼き魂の躍動」駒沢大学アメリカンフットボール部アメフトに青春を賭けた9人の若者たちのドキュメント

取引先  
    
朝日広告社 講談社 小学館 文芸春秋 KKベストセラーズ イーストライツ 
A-Works 長崎出版  コアマガジン シスカンパニー イーストプレス クレタパブリッシング 他

  
[PR]

# by officemigi | 2007-07-01 10:43 | プロフィール | Comments(0)