【オフィスミギ】晴れ男なものですから

小話5

先日、風邪をこじらせてめずらすく病院へ行き、

クスリを処方され薬局で待っている間に目の前で展開された薬剤師のお姉さんとおじいさんのやりとり。


「お待たせしました。お薬は朝晩の食後に一錠ずつです。お酒はなるべく控えてくださいね」

「えぇ、あの、なるべくということは、もしかしたら少しだけならいいということですかねぇ」

「・・・いえ、呑まれないほうがいいということです」

「一杯だけでもダメでしょうか・・・」

「はい、できれば・・」

「そうですか・・もし夜呑みに誘われた場合はどうすればよいのかと思ったものですから・・・」

「・・・どうか呑まないでくださいね」

「ようするに誘われても我慢すればいいんですね・・・」

「・・・そうです。我慢してください」

「呑み屋にいってもお酒は呑まなければいいんですよね・・・」

「おっしゃる通りです」

「わかりました」


謙虚に欲深く愛くるしい話なり。


[PR]

# by officemigi | 2017-03-21 20:05 | 小話 | Comments(0)

小話4

湘南台で働いていた19歳の頃、期間工のおっちゃんから聞いた話。

たぶん、おそらく、よくある話。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「僕は父が死んでも悲しむことはなく、涙することもないだろう」


幼いころから兄は弟によく言っていたものだ。

兄弟は専制君主の父からそれぐらい酷い仕打ちを受けてきたのだ。

弟は兄のその考えを聞いて少し悲しくなったが、

それも仕方のないことだと思った。


父は母と別れて地位も威厳も失ってひとりぼっちになった。

病気にもなってすっかり弱っていた。

息子二人に会いたいという父に弟は応えようとしたが、

兄はまったく相手にしなかった。

弟は兄のその態度に悲しくなったが、

それも仕方のないことだと思った。


春を過ぎたある日、父は独りで亡くなった。

急なことに弟はこれまでのことを後悔した。

そして、わずかながらでも父とのあたたかな時があったことを想い出した。

弟は父の葬儀に来ないという兄にすごく悲しくなったが、

それも仕方のないことだと思った。


後日、弟は父の部屋に飾ってあった小さい頃に撮った家族写真を持って兄に会いに行った。

兄は無表情で写真を受け取ると、深いため息をついて背を向けるだけだった。

しかし、弟は兄の部屋に家族写真が飾られるようになったのを知って

それはとてもしあわせなことだと思った。


[PR]

# by officemigi | 2017-03-20 01:27 | 小話 | Comments(0)

3/5

 今日は身体の治療の日。

もう10年は自分の身体を診てださっている方。

身体と同時にカメラマンとしての自分、人間のしての自分の変化もよく知っている。

見守っていて下さる。本当にありがたい限りです。


とにかく二月までは慌ただしかったけれどそれはそれでね、

永らく抱えていたことから、ここ数年かなぁ、目に見えないものから、ようやく解放された。

あくまで、自分自身のことなんだけどね。


だから、仕事だけじゃなくて、本当に素晴らしい、素敵だなと想えることに、

素直に感情を動かせることが出来た。


これは凄く大きなことで、

それを感じられた自分がいるとういうことが本当に嬉しい。

もうそれだけで十分贅沢なことだと思っている。


世間の決まったカタチを求めることよりも、

自分なりに感じて、そして出来ることがあればそれで十分なんだ。


自分の気持ちに誠実でいることが、生きて行く上で何より大切で、

そういう中で自然とやるべきことが出来るのなら何よりです。




[PR]

# by officemigi | 2017-03-06 02:09 | 林建次の日々 | Comments(0)