【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


現場へ。

先月からとある現場へ張りつく。


311の震災で地下に埋まっている配管がすべて寸断されて、

稼働しなくなった大手食品工場があった。


復旧どころではなく逃げ出す業者が続出する中、

震災翌日から着手し、わずか6日で一部を仮稼働させたという

少数精鋭の職人たちがいた。


彼らは工場の外から穴を掘って

見たこともないような害虫だらけの地下壕内部へ潜り込み、

強烈な異臭がただよう汚水で胸までつかりながら突き進み、

引き裂かれた配管を手探りでひとつづつ探り当てるのだ。


そして、大きな余震で音を立てて揺れる暗闇の中で、

すべての配管を繋ぎとめた。

以後、工場が完全復旧まで従事する。


断ることもできなのではないか。

危険を顧みなかったのか。

せめて状況が落ち着くまで待機してもよかったのではないか。

それとも、望んで請け負ったのか。


そんな問いかけに、笑いながら答える。


「そりゃあ、やりたくないですよ。できるならもう二度とやりたくない。

でも誰もやらないんだから、やるしかないじゃない。困っているんだからさ」


誰もやらないからといってやれるのもでもないだろう。


なぜ、出来たのか。

危険を犯してでもやり遂げる強い動機が他にあったのか。

例えば、

「震災で苦しんでいる人たちのために」

というモチベーションだったのか。


なくはないが、それは結果論だという。

結果、ああよかったね、だという。

つまり大義名分は彼らのモチベーションにはなっていない。


では何がそうさせたのか。

何度も喰い下がって数人の職人たちに聞いてみたが、

言回しは違うにせよ、媚びへつらうことなく答えは皆同じだった。


「俺たちの仕事だから…」


今の現場は当時の状況と比べれば何てことはないのだろう。
ただ彼らの息遣いを感じていく中で

「仕事だから…」と言う意味が少しだけ解ったような気がした。

b0119854_18501904.jpg
b0119854_18501993.jpg

b0119854_18501912.jpg
b0119854_18501982.jpg
b0119854_18501845.jpg
b0119854_18501898.jpg
b0119854_18470314.jpg
b0119854_18470250.jpg
b0119854_18470150.jpg
b0119854_18501812.jpg
b0119854_18501867.jpg



[PR]

by officemigi | 2017-10-30 18:54 | 林建次の日々 | Comments(0)


辿り着いた永遠なる丘の上に咲く花は

枯れゆく運命の中にあり


その孤高なる姿は

太陽のひかりを受けとめた美しき月のよう


明日はなきものと

最期の月光に照らされたとしても


花はだた愁然と咲き誇るだけ


[PR]

by officemigi | 2017-10-30 01:58 | 林建次の日々 | Comments(0)

遠藤夕幻 「祈」

昨年のワタクシも誕生日に夕幻に書いていただいた書が、

額装となってようやく生まれました。


3ヶ月前から実はこの作品を受け入れる準備をしていた。

部屋の配置模様替えをして、

以降、毎朝神社の如く床ぶきなど30分かけて部屋を

掃除して磁場固めをしていたというね。


ベッドの上に配置ことに決めた。

ここに込められた「氣」を全身で浴びながら寝る。そして起きる。

まことに贅沢な日々の始まりである。


しかし、でかいな。
146cm×97cmという大きな額に丁寧に板張りした作品が埋め込まれている。

奥行きを持たせるために7センチほどの溝があり作品を浮き上がらせて魅せるようになっている。

手の込んだ贅沢な仕上がり。


額をどれにするか、作品の切り詰めるサイズを何度も吟味しながら二人で決めて行った。

横幅をすこしだけタイトにしてシャープなイメージにしたいというのを受け入れてもらう。

そしてこの作品のために夕幻はあたらに落款印を自作している。


仕事の合間でしたが、お昼からの3時間は夕幻とこれまでのことや、この作品について語り合った。


そもそも誕生日に晴れがましいことを好まない自分であり、

夕幻はそれを十分理解した上での昨年のお祝いだった。

どうにも渋りまくるワタクシを著書「あなたがいたからできたこと」

の完成披露も兼ねるということでほぼ強引に説得させられた。


夕幻はこの日にワタクシの為に書こうと決めていたんだ。

7年ぐらい前かな、夕幻は出会った頃からこう言っていた。

林さんのために書く時がきたら、左腕で書きます、と。
左腕一本でやってきたことへの敬意。

彼にとっては利き腕でない左で書き切ることに、意味を持たせる。

事故で身体がクラッシュする寸前まで祈っていたということから、

「祈」が生涯のテーマが祈りであり、

またそれに準ずる写真をとることを知っていた夕幻は「祈」と書くのだ。


尺八演奏者である佐藤錦水さん、美鵬 成る駒さんの素晴らしい演奏と唄、

ミッチーの愛情込もった料理。

そしてお祝いに駆けつけた多くの人たちの「氣」を

夕幻自身が全身で感じ、そしてその筆に託して一発で書き切った。


すべてにおいて意味を持たせてくれたこの作品は間違いなく一生涯寄り添っていく宝物になった。


この作品が来てまだ二日だが、朝と夜にずっと眺めている。

ただ無心で眺めていると、ふとある重大なことに気づかされた。


ああ、なんてことだろう。

「祈」という言葉の意味以上のものを表現してくれている。

これ以上自分を表現してくれているものはないだろう。

こんな優しいメッセージが込められているとは思わなかった。

あまりに心がゆり動かざれて涙が溢れた。



そして書家として想像もできない領域へ向かっている夕幻を感じた。

これはいずれしっかりと伝えていきたいと思う。


b0119854_02091613.jpg
b0119854_02091572.jpg
b0119854_02091500.jpg
b0119854_02091653.jpg
b0119854_02091624.jpg










[PR]

by officemigi | 2017-10-23 02:38 | 林建次の日々 | Comments(0)

10月18日

b0119854_21423141.jpg

東京都写真美術館へ。

長島友里枝さんの写真展。
不器用でとても人間臭い方のように思った。


素敵だな。
また行こうとお思う。

東京都写真美術館
11月26日(日)まで


[PR]

by officemigi | 2017-10-18 21:50 | 林建次の日々 | Comments(0)