【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


演出家 望月龍平

b0119854_01541860.jpg
b0119854_01541758.jpg
b0119854_01541767.jpg
b0119854_01541881.jpg
b0119854_01541736.jpg
b0119854_01541808.jpg
b0119854_01541787.jpg
b0119854_01541993.jpg
熱がある。
が、声を荒げることはない。
深く、鋭く、静かだ。


[PR]

by officemigi | 2017-02-21 01:59 | 君よ生きて | Comments(0)

小西のりゆき

 「君よ生きて」大阪公演を終えて、善吉役の小西さんと梅田の街を歩いた。


 小西さんが小学生の頃通っていたという学校に寄ってみると、つい最近取り壊されていたようだった。

 寂しさはあるけれど、通りのタイルは昔のままで僅かな面影を残していた。


 照れ臭そうに小西さんは言う。


「これは父親のコートなんです」


 あれこれ喋りながらかつて通っていた道を歩いた。


 どこか懐かしそうに。
 ささやかな嬉しさを隠すように。


 亡き父のコートは暖かそうだった。

b0119854_21075690.jpg
b0119854_21075634.jpg
b0119854_21075373.jpg
b0119854_21094653.jpg
b0119854_21103399.jpg






[PR]

by officemigi | 2017-02-19 21:11 | 君よ生きて | Comments(0)

神野寺

 今となっては当たり前のようになっているお寺でのアーティストのライブイベント。

 2002年の頃はまだそんな時代じゃなかったけれど、それを先駆けて取り組んでいたのが池上本門寺で、当時は満月の十三祭りといって満月の日に本門寺でコンサートするっていう画期的な取り組みだった。


 お堂をライトアップした幻想的な雰囲気の中で、梅若六郎さん、朝崎郁恵さん、UAさん、喜多郎さん、矢吹志帆さん、矢中鷹光さん、ジョン・チャヌさんといったそうそうたるアーティストたちよる満月の夜のライブ。それを取り仕切っていたのが、安永さんだった。
 
 こんな僕なんかも撮影に関わらせていただき、翌年には本門寺朗峰会館で写真展も開催させて頂けたのは、ボクサーを撮っていただけの自分を安永さんが認めて下さったからこそ。


 安永さんは僧侶でもあるんだけれど、当時は本門寺の朗報会館支配人でもありエリートといっていい役職だった。

 けど、そんな安永さんは廃墟と化した小さなお寺を復興するために、すべての役職を捨て去るんだ。しかも、そのお寺の住職は孤独な亡くなり方をしたという。誰も手をつけることなんてこれまでもなかった。地域の人は荒れ果てた廃墟のお寺でいい印象なんてなかったはずだ。


 僕は安永さんが三ヶ月間、荒果てたお寺を独り黙々と修繕工事をしていたのを知っている。生活の保証もない。そこに儲かる話なんて一切ない。ただ、埃まみれになったご本尊を救い上げるような行為。


「少なくともバチが当たるようなことはないよね」


 今もそう笑って言うけれど、たくさんのリスクを背負ってた。


 本来のお寺の役割とは。

 例えば、心に闇を抱えた人がふらり立ち寄って元気になれる場所。

小さくとも人が集う暖かな場所。


 本門寺での大規模なイベントは、お寺の敷居の高さを取り払い、もっと気軽に立ち寄って欲しいとう想いがあった。心に闇を抱えた人がふらり立ち寄って元気になれる場所こそが、本来のお寺の役割であることも。


 ライブ前にそう言って伝えることあっても、実際、地域のお寺にそれが本当にできるのであろうか。
 いや、そうであるべきた。
 そして、ただ、それを実行するだけ。


 本当に凄いなと思う。

 時は流れて、今、横浜で別院の神野寺をエアサイクルハウジングによって建立し活動されている。

 安永さんの活動は多岐に渡っていて、ここでは詳しく書けないけれど、時期が来た時にしっかり取り組みたいと思っています。



[PR]

by officemigi | 2017-02-19 03:02 | 林建次の日々 | Comments(0)

さて。


昨日、校了しました。

望月龍平さんの手がける舞台「君よ生きて」の80pのブックレット。


限られた時間で持てるものは出し切れたかな、と思います。


その分、最後まで緊張状だったので、校了してもある意味興奮状態が続き眠ることが出来す、

食べても、気持ち悪くなる感じでしたが、徐々に戻ってきたようです。


原稿抱えたまま小笠原諸島へ行くんだけど、

行きのフェリーで最後の原稿の8割は書き上げた。


で、締めは初日の撮影を終えて、夜書こうと思っていたんだけれど、

疲れ果てて一度寝てからにしようっていう甘えが出る。


それでベッドに潜り込むんだけど、

どういうわけだかある一定のリズムでへんな音が聞こえてくる。

最初は隣の部屋からのイビキなのかと思っていたんだけど、

どうも違う。

少し苦しそうに、けど静かに息を吐いているような感じだった。

で、部屋のタペストリーとか突然ガタガタ震えるし、

「おいおい、勘弁してくれ、俺疲れてんだから」

なんとしても寝てやるって思っていても、

まったく止まる気配がない。


ん~。書くしかねぇのか、とパソコン開けて書き始める。


内容は、戦争を体験した方の想いを表現するもので、女優さんの祖父にあたる方の話だった。

取材した場所も靖国神社の神池庭園。

その時の話を綴った。


相変わらず聞こえてくるけど、まぁいいかと。

書き終えたのは午前3時過ぎだったけれど、

その時はもう例の声なんだか音なんだかは止んでいて、

書き終えた解放感もあり熟睡。


で、翌日の撮影で、

父島で3代続くコーヒー農園の方の取材と撮影。

コーヒーってこんなに愛情かけて育てていくんだって話は感動的で

凄いなーと思っていたんだけど、農園の方がここは戦時中の防空壕だったんだという説明も受けた。

その迷路のような防空壕の入り口までいったんだ。アメリカ軍との激しい戦闘があったとう硫黄島への物資の補給路でもあって、

激戦で亡くなった栗林中将もここにいたんだと。

色々話していくうちに、硫黄島は小笠原諸島の島民なら慰霊に行くことができて、

過去に行ったことがあったという話を聞いた。

真夏の時期だったそうで、日本軍が築いた迷路のような地下壕は灼熱と化していて、

飢えと渇きでよくこんな状態で戦ったと思ったという。

日本軍は壊滅で2万人の方が亡くなったという。


 あぁ、そうかと納得した。昨日聴いたあの音は暑さに耐えながら息を潜めていた呼吸のようにも聞こえた。

モタモタしていないではやく書いてくれよ。みたいな感で。  

まだまだ御霊が残っていらっしゃるように感じた小笠原の旅でした。

これから、やるべきことがあるんだと深く感じる。


[PR]

by officemigi | 2017-02-12 02:01 | 林建次の日々 | Comments(0)

明日から

撮影で、小笠原諸島へ。
フェリーで片道24時間。

で、現在、舞台「君よ生きて」のブックレット製作の佳境なんだけど
別件の仕事。
「君よ生きて」の原稿抱えて行くんだけど、まぁ、生きた心地がしないくらい
恐ろしいスケジュールだなぁ。

まぁ、これからやろうとしていることを考えると、
神様に試されてるんだって思うしね。

「君よ生きて」はシベリア抑留の話でもあるんだけど、
小笠原諸島って、日米の凄まじい激戦地だった硫黄島もあってね、
なんか意味あんなぁって思う。
たしか、クリント・イーストウッドが日本側と米国側の
二つの観点から描いた映画作品があって、
渡辺謙さんが出でいたっけね。

美しい島であることには間違いないんだけれど
そういうものもしっかり感じてみたいと思う。

そういう場所で原稿仕上げれられば意味あるよな。

で、最後の原稿は伊東えりさん。
本当に素敵な方です。
歌声なんてもう、きいただけで涙出そうになるし、
舞台に立った時の美しさ、憂さっていったらね。
ユーモアたっぷりですごく可愛らしい方。
美しさっていうのは、ある一定のステージのことではなくて
生き方なんだって思うね。

海外でも活躍されているのがよくわかります。

靖国神社でお話し伺って、
感じるものがたくさんありました。

撮らせていただいた写真も
神がかっていて本当に素敵でした。

さて、ラストスパートやね。
b0119854_02373413.jpg







[PR]

by officemigi | 2017-02-06 02:21 | 林建次の日々 | Comments(0)