【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2014年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


6/23

本日は某大使館へ。
通訳を交えての会話でしたが写真を通して、自分は何をどう見て感じて撮っているかを、そして、自分のこれまでと必然的に出会ったテーマを伝え、それについても話しができたし、文化や歴史は違えど、普遍的なこはまったく同じなんだと思った。そういう意味で言葉の壁を越えてに発信できるのだと思う。価値ある時間を過せました。
この時期、身体は破壊的にキツいときもありますが、気持ちはまだまだいけてます。
[PR]

by officemigi | 2014-06-24 22:52 | 林建次の日々 | Comments(0)

6/21



敬愛する写真家の吉永マサユキさん。

吉永さんには、たくさんの愛情を頂いたと思ってます。
それは自分だけじゃなく、関わった多くの人がそう思っていると思います。

このインタビュー聞いてると、吉永さんらしいなと。
凄まじい生き方をしてきた吉永さん、
とくに十年後のことを聞かれた時の答えは、
生きるってことはそういうことなんだって思います。
日本という国の中で生きるマイノリティの存在に焦点を当てた吉永さんらしい。
短いけど個人的に、凄くすきなインタビューすね。
[PR]

by officemigi | 2014-06-21 20:00 | 林建次の日々 | Comments(0)

たった

b0119854_0242688.jpg


一日の出来事で、これほどまでに変わるのか。
そんなことがあった。
でもそれは、何十年と自分と向き合い続け、少しずつ変化を遂げ揺るぎない心を持ちえたからだと思う。
記胤、公園にて。
[PR]

by officemigi | 2014-06-19 00:30 | 林建次の日々 | Comments(0)

ひまわり

という曲がある。
静かな曲。情緒的な詩は聴く人にそれぞれの情景を思い浮かばせるだろう。
今の彼が唄うからこそ、価値があるように思った。
世に出るべき、曲であり、男だと思った。


b0119854_033456.jpg

b0119854_0335689.jpg

b0119854_034636.jpg

b0119854_0341842.jpg

[PR]

by officemigi | 2014-06-16 00:40 | 林建次の日々 | Comments(0)

6/14

自由が丘へ。
場所も大事だが、より具体的なビジョンを語る。
自分が目指していること、表現したいこと。結果、それが多くの人たちに伝わることによって価値あるものになること。これは27歳の時にボクサーたちと並走しながら撮って来た頃に感じていたことにシンクロする。写真だけでなく、文章という表現も加わり、やっと見えて来たといっていいかもしれない。喋っていてかなり具体的になってきてると感じたし、聞いている方もその熱は今年初めより十分伝わったと。怖さもあるけど、やるしかないという。整うまでに、あらゆることをクリーンにしなければと思う。
身体のメンテナンスを終え、かなりへたれたが記胤から連絡あり。
今、相当な思いで闘っているとのこと。家族と生きるために。
[PR]

by officemigi | 2014-06-14 23:05 | 林建次の日々 | Comments(0)

6月8日

朝、戸塚へいく。今日も電車である。
いよいよ、スタートしているドキュメントで様々な立場の方々をおよそ1年かけて撮る。というか関わっていく。気持ちや、その丁寧な仕事というのを写真で表すのは困難な場合もあるようで、また、理解するもの絶やすくはいかないけどとにかくくっついていくしかない。
その後、もどって休憩。今、ようやく苦手な編集を終える。
明日はあらたなチームで代々木で打ち合わせ。
また未知のものだけれど、6〜7月で一気に作り上げることになるだろう。
他、同時進行を抱えているけれど、記胤のことも進めて行かなければならない。
ようやく、ぼんやり出来る。
少し懐かしく思った。
[PR]

by officemigi | 2014-06-09 00:25 | 林建次の日々 | Comments(0)

6/7

 撮影は車で移動することが多いのだが、機材が少ないので今回は電車にした。
今日は三戸に行ったのだけれど電車に乗ってるあいだ、都心のその景色を眺めるのだが、どうもその景色というものは窓からみると、どいしても美しいとは思えない。普段住んでいる分には便利だし快適ではあるのだが。なんていうのか、統一性がなく、今の時代なのか、日本という国柄なのかはわからないけど、色彩やコントラストがなく、グレーといった感じだ。なんか暗い。やたら高い高層マンションも、無機質に見えるな。天気のせいだけじゃないだろう。
 かつての日本の原風景は?と思いを馳せる。
 写真がこの国に入っていた頃、幕末から維新にかけてだが、その記録写真、城下町を一望するような写真は、とても美しいと思う。今はなき景色だからより一層、そう感じるものかのしれない。
 近代的な便利さ。自分もそこに堂々と乗ってるけれどやはりそれを手にする分、失うものは大きいように思う。だから、日本の原風景を少しでも感じることができる場所にいくと、安心するとことはあるな。人がたくさんいて、エネルギーに満ちている場所もそれはそれで刺激的だけれども、静かな場所もいいねぇ。とてもいい。
 
[PR]

by officemigi | 2014-06-07 20:57 | 林建次の日々 | Comments(0)

6/5

昨日の撮影はアシスタントつけました。
基本、必要としないことの方が多いですが、
撮影に集中出来るという意味で本当によかったです。
アシストの力は大きい。感謝です。
任せるところは任せるよいうに、これからはしていきたいと思う。
[PR]

by officemigi | 2014-06-05 07:35 | 林建次の日々 | Comments(0)

6 /2

あらゆることが一気におしよせて来ているかなと思う。
これまでにない感覚だといってよい。
その分、反発するようなこともあるのは当然だと思って対応しようと思う。
大切にして頂いている方々には、その期待に応えたいと強く思う。
また、あらたな出会いの中で、自分の役割を痛感する。
そういう方々の想いを自分なりにしっかりと発信できるようにしたい。
およそ二十年間、ゆっくりと培って来たものが、ようやく価値のあるものになると実感。
[PR]

by officemigi | 2014-06-03 01:48 | 林建次の日々 | Comments(0)