【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2013年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧


田無神社


りつさんとテン。
夕刻より、なにやらタノシイ時間でした。
文憲さんとちゃちゃも一緒でした。
鍋焼きうどん、おいしゅうございました。
帰りは3人と2匹でドライブ。
コーヒー、おいしゅうございうました。
ありがとうございます。

判断して決断して感謝して進もうかと思います。
ひととき楽しんで、また集中。
本日打ち合わせなり。

b0119854_923333.jpg

[PR]

by officemigi | 2013-11-28 09:31 | 林建次の日々 | Comments(0)

11/25

11月も、そろそろ終わるのか。
明日は身体をメンテして、少し休もうと思う。
行けたら、お寺にでも行こう。
[PR]

by officemigi | 2013-11-26 00:47 | 林建次の日々 | Comments(0)

11/24

本日、慌しく撮影。
素敵なコンサートだった。
歌にすべてを懸けている人が歌うと、
やはり祈っているように見えた。
ちょっと心震えた。

神経や身体がかなり厳しい状況たが、
本番が近づくと集中できるから不思議だ。
俺の場合、それがいいのか。
でも、来週はメンテナンスする予定。

その後、宵待へ、伊藤夫妻とお会いして、手短かであれどbookの打ち合わせ。
おふたりの思いを熟成させて、完成したいですね。
[PR]

by officemigi | 2013-11-24 23:09 | 林建次の日々 | Comments(0)

11/22

少しだけ、落ち着く。
今日はだらだらと寝坊をしてみて、住んでるのに普段行かない下北の街を歩いた。
暖かい気候で、お店の人も、通り行く人もなんだか素敵に見える。
何ともない光景が、幸せにみえていいもんだな。
あれこれ想いながら振り返るが、もう決めてしまったこともあり、
そこは、非情にならねばならないと思う。
非情の情といことなるのだろう。
情け、か。
夕刻に、久我山のアトリエにお邪魔する。
画家である方はもう亡くなっていて、奥様であり、
アーテティストでもある方とお酒を呑んでお話した。
ワタクシはひたすら飾ってあった作品に見入っていた。
黒と様々なグレ―の線だけで描かれた、単調な作品。
一目見ただけで、想いの強さに圧倒された。
灰色という表現だけで、ここまで神経を使っているのだと。
見れば見るほど、作者の感情が自分なりに読み取れた。
細部の表現まで徹底していて、一つの魂みたいだった。そう感じた。
それが言いたかったんじゃないかな。
邪心がないだけに、ストレートに伝わった。
多分、十年前の自分では何も感じなかったかもな。
数年前に、ゴッホ展に行って、衝撃を受けたけど、
何度も通っていいくうちに、違和感を感じるようになった。
作品の素晴らしさは変わらない。けど、場所に納得出来なくなった。
ああ、そうかと思う。
ワタクシは、例えば、ヨーロッパの、それこそ行くのも面倒な田舎の民家みたいな所で見てみたいと思ったのだ。
都会であっても、プラハにたいな昔のままのような場所。
ライトアップされることもなく、昼は窓から入ってくる自然光で。
晴の日も、曇の日も、雨の日なら、その降り注ぐ音を聞きながら。
夜ならば、そのままの部屋の光で。暖炉の音でも感じながら作品を見てみたいように思う。
ん〜、何の話だっけか。まぁいいか。いつか、のんびり旅でもしてみたい。
それまでは、ひたすら撮りたいと思う。たまに書いたりもして。
[PR]

by officemigi | 2013-11-23 00:58 | 林建次の日々 | Comments(1)

昨日、色校正完了

昨日、色校正完了。
もろもろを調整してあとは印刷が上がってくるのを待つのみです。
今回のお仕事で、またあらためてたくさんのことを学べました。
今後、またその経験を生かしてさらに進んでいきたいと思います。
何より、出会いの場である宵待草、そしてエアサイクルハウジング田中会長、市川社長、
職人の方々、他、多くの方々に感謝の気持ちで一杯です。
家を建てるということ。多くの人間が関わり、数ヶ月に渡ってつくられていく。
目に見える表面的なことだけでなく、隠されてみえないところ。
そういった場所にこそ、人間としての誠実さや仕事に対する姿勢が、
その価値を決めるものなのだ感じました。
それは、すべての分野にも言えることなんじゃないかと思います。
器用な立ち振る舞えなくとも、誠実でありたいと思います。

本当にありがとうございました。

出会いからこれまでを、ちかく書いてみたいと思います。
[PR]

by officemigi | 2013-11-22 09:47 | 林建次の日々 | Comments(0)

編集

作業中です。
電話にも気づかず、すいません。
いいアルバムできると思います。
でも、さすがに、うつらうつら。

いい曲です。


[PR]

by officemigi | 2013-11-19 01:14 | 林建次の日々 | Comments(0)

気合いで

編集。
物語だな。
タノシイっす。
明日までに!
[PR]

by officemigi | 2013-11-18 00:38 | 林建次の日々 | Comments(0)

11/16

撮影終え、合間にやり取りし、
ワークショップ終え、終了。
よかった。
今日はバラをたくさん頂いた。
感謝。
[PR]

by officemigi | 2013-11-16 21:55 | 林建次の日々 | Comments(0)

入稿前の

ドタバタで、小金井と上井草へ撮影。
その後、データ処理、原稿の修正におわれる。
今回、妥協なき職人たちの現場へ踏み込み、語らい、写真撮って、さらに書いた。
しばらくは原稿にかかりきりだったが、入稿前にようやく冷静に見れるようになる。
素晴らしき職人たちの厳しい姿勢を見れば、なおさらこれでいいや、とは思えない。
なんのために、これを作るのかという本質を振り返る。
自分の名誉のためではない。
彼らの素晴らしさを、最大限生かすための写真であり、文章であり、
デザインであると思う。
ギリギリまで踏み込んでやろうと思う。



そんなときに訃報がきた。
何度かお会いした方でした。
残念でならないし、悔しく思う。
彼の笑顔が忘れられない。
ただ、手を合わせたい。
[PR]

by officemigi | 2013-11-15 23:43 | 林建次の日々 | Comments(0)

ようやく

難関を終えたということか。
まだ、わからんけれど、とりあえずホッとしている。
人間は完璧ではないけど、いや、未完だからこそ価値あるように思う。
40代の俺が、50代、60代の人生を、どれだけ語れんのよ、とも思う。
でも、ワタクシは人として欠点はあるにせよ、精一杯やったと言い切れるんじゃないかな。
思うこともある。でも、今はいい。

眠い。
これ。以前もやったけど、好きな曲。今の心境かね。



[PR]

by officemigi | 2013-11-14 22:59 | 林建次の日々 | Comments(0)