【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2009年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧


夢けち

日本映画ってなんかよいなぁとおもいなが今年最初にみた映画が今話題のおくり人。

本日の2時の回で上映終了という日で館内はがらがら。
もっと早くみて、宣伝すればよかったなぁと思った作品でもある。

死に直面するといろんなことが襲ってくるような感じがして怖い。

最近、とても活動的でパワフルな社長さんが逝去された。
病気でどんなに姿が変化していっても声の張りや人を見つめる目はまっすぐで最後の最後まで仕事をされていた。

自分の人生を全うし、生き切った。
そんな印象をうけた。

凹んでいると親友が「死と向き合うことは生きることと向き合うこと」と教えてくれた。
そうだ、今やるべきことは何かということを強く感じた。

先日、何かの雑誌かテレビで「夢ケチ」の話を知った。

ずっとやりたいとか、やろうとおもいながら行動に移せないのは「夢ケチ」
ケチでお金がたまってもあの世までは持っていけない。だったらそのお金に命をあたえ有効に使うべき。
それとおなじようにやりたいと思っていることも同じで、想いは大きいけれど行動にうつさなければ夢も生まれる事なく消えるだけ。

明日、親友が新たな一歩を踏み出すための式典がある。
彼の経歴はユニークで、大学時代は文学部で演劇を学び、舞台に立っていた。
卒業後、一般企業の社会人になり、その後パイロットになる。
こどものころからの空を飛ぶ夢を実現させた。
あたりまえのようにやってのける裏側には大変な努力も必要。
いや、努力というのは、なにをやるにも必要で、だったら好きなことに使ったほうがよい。

林カメラマンもまさしくそういう考えのひとりで、たぶん、他に何かをやろうと思えばなんだってできる。
けれどもその道一筋で、ただただ自分の想いを撮るという行為で精進する。
ほとんど真っ暗な通路や舞台裏で、かすかな光を捉えてシャッターを切る。
後で写真が出来上がってくると、ちゃんとその人物が浮き出ている。
「どうして?真っ暗なのにみえるの?」と聞いたら、
「そこにあるボクサーや役者の想いが浮き出てくるから見える」と返事が返ってきた。
その人にしかできないことも、何かをやりとげるための使命だと感じた。

migiではいろんな方々のドキュメンタリーに関わりながらいくつもの夢に触れる。
厳しい現実は取材対象者だけではなく、造り手にものしかかる。

それでもやり抜く。
やり抜いて終ではない。 また次の使命がやってくる。
小さな夢も大きな夢もどんどん生まれる。
年をとるのを忘れて、まさしく夢中になっているうちに気がついたら最期にたどり着く。

「生きるために人は夢をみる」

がんばろぉっと。

by shiori
[PR]

by officemigi | 2009-02-27 02:04 | Comments(2)

プレ復活!!

12月に世界戦の激闘を繰り広げた山口真吾選手を囲んで激励会。

あのTVを見ながらmigiのことを思い出して連絡を下さった浜名さんが料理人を務める渋谷並木橋付近のお店SERNDiPに伺う。

京ではめったに味わえないその日の朝にとれたホタルイカや生シラスなど小田原の漁港直送の鮮魚と、有機野菜をふんだんに使った料理が味わえるの和食店。

一品ごとにうなりながら絶品をいただく。

おいしいお料理のせいで真吾の口も軽やかに。

「とりあえず練習開始したんですよ。スパーやってみて闘志が湧いてきたらやろうと思っています」と慎重な一言に始まり、息子の記憶に残る頃までやれるといいなぁとポロリ。

あの少年のような真吾が今やパパなのだ。
7ヶ月の息子に織田信長の本を読み聞かせ「ちゃんと聞いてるんですよ!」なんていっちゃう親ばかぶりを発揮しながら、息子には好きなことをやらせたいとデレデレと口元が緩む。

なんだか幸せな気分をかみ締めながら、応援してくださる皆様一同あたたかく見守る。
今後の動向も目が離せない。
昨年はWBC、WBAと2つの世界戦に挑戦し、どちらも後一歩で、その評価は高かった。
そして息子も生まれるという最高の1年。
いや、世界のベルトを獲る年のために、最高の年という称号は取っておかねば。

応援してくださる皆さまにも感謝。
今後の活躍にも期待したい。

b0119854_23593030.jpg

[PR]

by officemigi | 2009-02-20 23:59 | Comments(3)

フリーぺパー

b0119854_23513620.jpg

今週はすっかり引きこもりのShioriです。

最近、これもフリーぺーパー!?と思う贅沢な作りや内容のものもたくさん出回ってますが、あたしの今のお気に入りはAt Once。
「40、50そして永遠に。男の顔には、人生がある。」というキャッチフレーズ通り、毎号かっこいい大人が登場。
表紙や巻頭は学生時代から憧れの写真家・繰上和美さんが撮影。
先日、あの頃と変わらない若々しい姿でご本人の写真が雑誌に掲載されていた。まさにアンチエイジング!びっくりした。

このフリペは毎回表紙にドキッとする。
手にしているのは表紙の男性に惹かれる女性も多々。
今回は永瀬くんとあってあっというまになくなっていてぎりぎりセーフでゲットできました!

東京の土がテーマ。
読みごたえたっぷりで充実感あり。

あーやっぱし大人ってかっこいい~。
あたしもちゃんとした大人になろ。
[PR]

by officemigi | 2009-02-19 23:51 | Comments(2)

挑戦

挑戦するとはひつ筋縄では行かない。
いろんなことがあるのだとあらためて知る。

2月14日 升田貴久選手の世界戦記者会見があるという知らせを聞いて、とても嬉しく思った。
1度目の引退後、チャンピオンになるために再びリングに戻り、東洋太平洋チャンピオンの座に輝き、2度目の引退。
しかし、やはりまだ、やり残したことがあると戻ってきて、世界戦の話が決まった。

長年の努力を見てきただけに、とても嬉しくこのニュースを受け止めていたのだが、記者会見を予定していた2月14日のサンスポには1面にてチャンピオンサイドの二重契約で、4月末の試合は中止になったと大きく出た。

夢を叶えるためには乗り越えなければならない壁がたくさんあるのだとつくづく感じた。

升田選手は、冷静に今回の事実を受け止め、世界戦にたどり着くにいたるまでの関係者への感謝の気持ちを示し、必ずまたチャンスがあるのだと信じて平常心を失うことなく、淡々と練習に励む。

挑戦することは目的ではない。
その先をしっかりと見据えていたことが、この冷静な判断を生む結果となった。

今回の新聞をみて、写真展で升田選手のことを知り、応援してくださっていた方や、ご無沙汰していた方から連絡をいただいた。
良いときではなく、苦しいときに思い出してくださり、声を掛けてくださったことに感謝。
縁というのはいろんな形で繋がっていく。

4月より中学生が使う教科書の副読本に、「生きるために人は夢を見る 左腕のカメラマン林 建次」という史織が書いた文章が掲載された。
そのページには林カメラマンが撮った升田選手の家族写真が掲載されている。
写真は数あるうちから、出版社の方が選出。
選出の時には未定だった世界戦を狙う升田貴久選手と山口真吾選手の写真が偶然にも掲載されている。

まさに、生きるために人は夢を見るのだと感じた。
夢をかなえるためにはまだまだいくつもの試練があるだろう。
しかし、生きるというのはそういうことなのだ。

前を向いて清々しく、そのときを待つ升田貴久選手は輝きを増した。 by shiori
[PR]

by officemigi | 2009-02-17 23:59 | Comments(1)

見つかりました。

b0119854_21181340.jpg

久々です。shioriです。

迷子になっていたくまの足が見つかりました。
デスクを動かしたり、掃除のおばさんに捨てないようにお願いしていただいたり、ほんとにお騒がせしました。

昨年末、携帯を白色に変えてから、行方不明になりがちでその存在をしらしめるために頂いたゴールドベアはコーラのおまけの映画のキャラクターシリーズでチャーリーのチョコレート工場編。

これをつけてから一度も携帯を探すことなく愛用していたのですが、ある日気がつけば片足がない!
あっー!!と大声で叫んだため、大捜索が開始され…。ほんとうにありがとうございました。
あきらめたころにひょっこり見つかりました。

なんかめちゃくちゃうれしいです。

他にもいっぱいおしらせとか旅の話とかあったのですがまた今度。
取り急ぎご報告と感謝を込めて。
[PR]

by officemigi | 2009-02-09 21:18 | Comments(5)

3月3日

大嶋記胤の試合が決まりました!

3月3日後楽園ホール、日本国内2戦目です!

応援よろしくです!

チケット問い合わせ
シャイアン山本ボクシングジム 03-3395-8239



b0119854_1672397.jpg

タイ2戦目 バンコクにて
[PR]

by officemigi | 2009-02-02 16:07 | ボクシング | Comments(2)