【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ダニエル・クレイ・アイドル

b0119854_16555150.jpg

久々にダニエル・クレイ・アイドルがやってきた。

彼はアメリカのテキサス州出身のシンガーソングライターで、日本語の美しい曲を作り、歌う。

オリジナルだけではなく、尾崎豊やさだまさしの曲も、アメリカ人が歌っているなんてきづかないくらいうまい。

いろんなイベントやコンサートでも活躍。
つい先日、ラス・ベガスのイベントから戻ってきたばかりだ。

新しい楽器を作ったのでその機材を使った撮影をすることになった。

ひとりでキーボード、ドラム、パーカッション、ハーモニカ、ギターにボーカルと何役もこなす。

よくばりだなぁ~。
全身を使い、繊細で優しい音がかなでられたかと思えば、楽しくて元気いっぱいのアップテンポの曲もありバラエティに飛んでいてとても楽しい。

世界中に愛と勇気と美しい日本語をふりまいてほしい。
[PR]

by officemigi | 2008-01-30 16:55 | Comments(2)

新年会

b0119854_20264547.jpg

年末、忘年会をするはずだった華やかなBarが貸し切りで使えず、新年会をしようと皆の日程を押さえた。

ところが、またしてもイベントで急遽NG。
そこで隣の隣のちょっとマニアックな駅のギャラリーBarにて開催。そのエリアに住むメンバーが集まった。
歯医者さんから女優さんまで多種多彩なみなさんが十数人でにぎやか。

難しい話からゴタゴタやウダウダや怖い話やら切ない話まで幅広く盛り上がる。

まとまりなかったけど楽しかったなぁ。

そんな一時も束の間。
またしてもガンガン打ち合わせ。

朝から例の如くファミレス。
昼、下北沢フリーファクトリー。その後、出版する会社で2月18日に発売の高橋歩著の「愛しあおう。旅に出よう」のゲラを手にし、表紙のデザインを見る。

クッ~!!
早くここまで辿り着きたい!!!

刺激をビンビン受けて地元のカフェ(写真)に隠る。

最近林&shioriのバトルがメッキリ減る。 ものづくりのコンビはどこも争いがたえないのだろうか。
油断禁物だが、仲裁役のMくんが修士論文〆切間近のため不在なので、お互いブレーキが働いているのかも。 何はともあれよいことである。

こちらも締め切りに向かって頑張ろう。
[PR]

by officemigi | 2008-01-28 20:26 | Comments(4)

ほんとはこんな感じの日常

う~、このところ、結構詰め込んで打ち合わせをやってます。
これは、どんな状態かというと、日に日にボディブローが効いてくる感じです。

寒いのは、苦手なのですが、写真室もライター室も建物が古くて極寒です。
そこで、モーニングを食べ、ランチを食べ、外が暗くなるまでファミレスのお世話になってます。

事務所の場所はたぶん2km以内に、いわゆるファミレスが10件以上あり非常に助かっています。

でも今日の午前中はパソコン作業で寒い事務所に滞在中。
写真整理してたらこんなの見つかりいました。

migiの慰安旅行で行ったハワイです。
b0119854_11124556.jpg

、、、と言いたいところですが、取材で訪れた冬の寒空伊東の砂浜です。
寒くて寒くて、何度ここがハワイだったらいいのになぁと思ったことでしょう。

あまりに頭が煮詰まってくると、いろんなアホなこと考えて、やらねばならぬ作業が進みません。

先日は、shioriが遅くまでやっているギャラリーを視察しに行ったはずがミルク風呂に浸かるという意味不明の行動がありました。

そのギャラリーというのは、高円寺にある小杉湯という銭湯のロビーで、夜中の2時まで拝見できるという場所。
b0119854_1132620.jpg

入り口の「自然回帰水」やら「ミルク風呂」やらの文字に、本来の目的をすっかり忘れて、お湯の中。なにやってんだか、、、、。

昨日の東京一瞬の銀世界は、本当に寒くて震えてました。
JRの電車のドアの上の広告映像に製薬会社が提供している天気予報では
「やっぱり雪がふりました。本日の東京は冷蔵庫並みの寒さです」
と表示されていました。

なんだか寒さばっかり目に付きます。

しかし、打ち合わせは毎回、かなり熱いです。沸騰してます。

こんな感じの日々です。
今日も1日がんばりましょ。
[PR]

by officemigi | 2008-01-24 11:40 | Comments(3)

旅立ち

悲しいお知らせが続いてすみません。

「空地への感謝」の写真家中山万里さんが、精一杯生きた証を遺し、旅立った。

このブログをみて昨年5月の万里さんの写真展に足を運んでくださったり、ラジオを聞いてメールをくださったみなさま、ありがとうございました。

闘病中もアハハハハっと体いっぱいで笑う万里さんの笑顔から、パワーをいっぱいもらい、生きるということに真剣に向き合うことや自分自身を受け入れることを教わった。


どんな悩みや苦しみも生きている証拠なのだとつくづく感じる。

死ぬということはどう生きたかという結果に辿り着く行為だと思う。

このところ、書店でよく目にする「イメージトレーニング」の成功のイメージは高価なものやお金を手に入れたとても物質的な映像を辿り着く場所にしている。

その意味や想いを感じとる能力が追いつかない。

ずっと遺るものは物質ではないと思う。

ほんとうに大切なものを手に入れるために、今、やらなければならないことは何なのか。
その物を手に入れたいほんとうの理由はなんなのか。

外面ではなくこころの声を脳に伝えて、よく考えて生きていきたい。

生きるために人は夢をみる。

今、制作中の本のテーマは何か苦しいことがあったときに必ず辿り着く。

空を見上げれば万里さんの笑顔が浮かぶ。 by shiori
[PR]

by officemigi | 2008-01-20 09:50 | Comments(0)

太陽エネルギー

本日のblogは史織からのお知らせです。

今年の冬は灯油も値上がりし、ガソリン代も高くって、環境問題に興味はなくても、なんで~といろいろ考えたくなる日々が続いている。

地球温暖化や環境エネルギーなど、いろいろな問題点が身近に感じる今から、約30年前から、私の伯父は太陽エネルギーについて研究していた。

伯父は大学卒業後、大学院に進み、そのうえ留学をしたため、私の中では万年大学生のイメージがあった。

大学の工学部の教授という職につき、太陽エネルギーの研究をしていた。
研究の内容はよくわからないが、なにか頭の固そうな科学的な研究を続けている人だと思っていた。
けれども、私にはわかりやすい言葉でいつも太陽エネルギーのすばらしさを教えてくれた。

「太陽っていうのはすごいんだよ。自然というのは人間が生きていくために必要なことをちゃんと与えてくれるんだ。その恵みは人工的なものとは比べ物にならない。だから、太陽というより、『おひさま』というのが正しい呼び方なんだよ。」

まさか、大学教授で太陽エネルギーの研究をしている、少なくても私よりはずっと高尚な知識を持ち得ている伯父が、太陽のことを「おひさま」と呼ぶとは思いもかけず、びっくりした。

自然から受ける恵みに感謝するその姿勢や優しさが私は大好きで、小さい頃から伯父の話によく耳を傾け、ソーラーカーや太陽電池などにも興味を持った。

しかし、熱心に教えてくれた英語は、いまだにさっぱり身につかず、唯一記憶しているものはなぜか「erase」(消しゴム)。
何度発音しても難しく、早々に挫折してしまった。

些細なことがきっかけではあったものの、自然環境や太陽エネルギーに関心がもてたことや美しい夕陽をみるたびに心が和み、青空に輝く光を見つめて勇気を蓄えられたのもおひさまの存在を意識させてくれた伯父のおかげだ。

もっと多くの人たちに、身近な問題としてメッセージを届けるためのシンポジウムが1月19日(土)厚木市文化会館にて行われる。

この日のために、多々準備をしてきた伯父が突然、天国へ旅立った。
急死というより、入院することよりも、研究することを選んだのだ。
自分の身体を浄化することより、もっとスケールの大きな地球と向き合った。

まさに命をかけて遺したかった地球への遺言。
ひとりでも多くの人にこのメッセージが届くことを願う。

『環境対応型太陽エネルギー利用シンポジウム2008 in 厚木』開催のお知らせ

日時
平成20年1月19日(土) 9:20~15:50

場所
厚木市文化会館 小ホール
(小田急本厚木駅より徒歩約13分)

詳細
http://www.kait.jp/topics/pdf/2008_01_19_syousai.pdf
[PR]

by officemigi | 2008-01-15 01:45 | Comments(0)

夏木マリ in 東京都現代美術館

b0119854_8595095.jpg映画、舞台、音楽のジャンルでそれぞれ個性を活かした存在感のあるユニークな活動をされている憧れの大人夏木マリさん。

そのマリさんが美術館という場所でパフォーマンスが1月16~20日まで行われる。

東京都現代美術館の常設展示室で夏木マリ with MNTが
サイト・スペシフィックなパフォーマンスを展開します。

神秘と幻想をより抱かせるこの場所でどんな世界が作られるのだろうか。
わくわくします。

印象派シリーズからの新たな展開に向けての第一歩
現代美術と夏木マリさんの身体のコラボレーションは必見です。

【東京都現代美術館 VS 夏木マリ with MNT】

■日時:2008年1月16日~20日 19:00~ 
■会場:東京都現代美術館 常設展示室
■定員:1日150名限定(未就学児不可)
■チケット:6,500円(シャンパンサービス付) 
 一般発売:12月22日   イープラス http://eplus.jp /夏木マリ事務所 03-5772-7121
*東京都現代美術館でのチケット取り扱いはございません。
■先行発売:12月15日 イープラスプレオーダー
■お問合せ:株式会社夏木マリ事務所 03-5772-7121 am10:00~pm19:00
[PR]

by officemigi | 2008-01-14 08:51 | Comments(0)

真吾 結婚おめでとう!!

b0119854_22261920.jpg
まさか、まさかあの少年のような真吾に先を越されるとは思っても見なかった。

初めての出会いは、ちょうど世界戦に初挑戦する直前。

何を聞いてもトンチンカンな答えを返してくる真吾は、ボクシングしかしらない少年のようだった。

東京ベイNKホールで世界戦をする直前、会場を下見に行ったとき、モノレールに乗り、ミッキーマウスの形をした吊り輪につかまりながら「わ~っ!!ディズニーランドだぁ」と興奮していた。

世界初挑戦は敗れたものの、いつかはチャンピオンになる逸材だと知らしめた。

それから、東洋太平洋ライトフライ級王者に輝き、その試合をみて感動し、ファンレターを渡した美女とゴールイン。
気がつけばもう28歳になる。
一度は引退も覚悟したけれど、苦しいときも支え続けてくれた。

そして、新たに世界への道を歩むことを決意する。
これからはひとりではない。
妻と、7月に生まれてくる赤ちゃんのためにも世界奪取を誓った。
b0119854_22302825.jpg


b0119854_22414020.jpg後援会が開いた祝賀会では始終仲良く、満面の笑みを振りまき、みんなにしあわせをあたえた。

ビンゴゲームが行われ、なんと1等のアロマ加湿器をゲットする。

ここで運を使ってしまってよいのだろうか。

加湿器の箱には「アロマとスチームのすてきな出会い」とキャッチフレーズが掲げてある。

真吾と花嫁、アロマとスチームの幸せにあやかりたいものだ。

末永くおしあわせに。
世界への新たな夢を新しい家族のためにもかなえてほしい。
[PR]

by officemigi | 2008-01-13 22:38 | 林建次の日々 | Comments(3)

NHKに大ちゃん登場!

NHKのドキュメンタリー番組で女子ボクシングの世界チャンピオンのライカ選手の番組がやっていた。

何気なくみていると、その練習のボディブローをトレーナーが説明するために、大ちゃんをモデルに攻撃のやり方を披露していた。

大ちゃんNHKデビュー!!!

あまりの嬉しさに、トレーナーがボディブローの型を真剣に説明してるのに思わずニヤリとしているではありませんか!

う~、、、ちょっとそこはニヤリとするとこじゃないってば。

でも、普段はとてもニヒルでかっこいい大ちゃんなのです。

b0119854_0245926.jpg

[PR]

by officemigi | 2008-01-12 00:26 | Comments(0)

編集会議スタート!

熱くて熱くてやけどしそうな幕開けです。

本作りの醍醐味をガンガン味わってます。


何万カットの中から選ぶ数百カット。


想いが深いとひとつ外す度に身をけずられる想い。


言葉ひとつも、キリキリと指の先から出る神経に触れる。


とにかく集中して平和なゴールを目指そう。
[PR]

by officemigi | 2008-01-07 21:14 | Comments(0)

謹賀新年 2008年

2007年の締めくくりは大晦日ライブで、夏から秋にかけて追いかけてきた劇団MOPのスペシャルライブ。

b0119854_0131521.jpg

舞台とは違ったドキドキハラハラがあり、みなさんの違う一面も発見するなどとても楽しいひと時を過ごしました。
特に、ラストの曲は、「エンジェル・アイズ」のカーテンコールの曲で思わず暑い夏を思い出しました。
飛び入りのマキノさんのギターとキーボードのビートルズナンバーにはうっとり。
エンジェル・アイズには出演されていなかった小市さんの素敵な歌声にもぐぐぐっつときました。

そして、なんとこのメンバーで年越しするのは初めてか?!
2008年はきっといいことがいっぱいあると予感させる3人トリオ。
それぞれの新しいフィールドを持ち、羽ばたくこと間違いなし。
b0119854_015693.jpg


林は、新しいジャンルにも挑戦。今までとスタイルは変わらないがより多くの人たちを出会い、新たな生き様を撮り続けるだろう。

shioriは、消費する文章から脱出して、心の叫びをひとつずつ丁寧に綴る。じっくりと時間をかけてものづくりをしていきたい。

mumemasaはいよいよ社会の荒波にもまれながらも、立派に建築家としてのフィールドに立つ。

まさに新たなる旅立ちの年となる。
本年もよろしくお願いします。

本日の初仕事は2月11日のダイヤモンドグローブのチケットのデザイン制作。
今回のチケットは日本ライトフライ級チャンピオン嘉陽選手の写真入豪華版。
明日の入稿に備えて、作業が進む。

この日の試合ではセミファイナルに今井桃太郎選手(三迫・ウェルター級)が復活する。
北海道別海町の牧場から戻ってきた。
b0119854_0293671.jpg

後楽園ホールにて18時より。ぜひご来場下さい!
[PR]

by officemigi | 2008-01-03 10:06 | Comments(0)