【オフィスミギ】晴れ男なものですから

<   2007年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


ボクサーだったSくん

昨日、後楽園ホールでは東日本新人王の準決勝が行われた。

そこで、ボクシングを引退したS君に会う。

S君との出会いは約7年前、彼が高校生のときだ。

migiはドキュメンタリーとして当時、人気を集めていた刺青ボクサー大嶋宏成に密着していた。

S君は大嶋選手に憧れ、逆境を乗り越え闘う姿に感動し、ボクサーになりたいとすでにジムに通っていた。

HPから、migiに連絡を頂き、大嶋選手のイベントに参加し、緊張したお面持ちで大嶋選手のようなボクサーになりたいと憧れのHEROと握手をした。

その後、プロテストを受ける16歳を向かえ、プロボクサーになった。

ちょうど1年前のこの東日本の新人王戦に取材で訪れたときのことだ。

プログラムを見て驚いた。あのS君が出場していたのだ。

はじめてあってから6年の月日がたっていた。

大嶋選手はすでに引退していたため、大嶋選手が残した息吹をしっかりと受け継いでいるS君のことがとても嬉しくてたまらず、控え室を訪ねた。

S君と目が合うと、彼は、名前を呼びながら、駆け寄ってくれた。
長い年月のブランクが一瞬にして消える。
少年だった彼は、いつの間にか立派なボクサーになっていた。

長身の彼はウェルター級という重たい階級でエントリー。
激戦を闘いぬいた。

ところが、その日の試合では信じがたい光景がリングの上で起こった。

ダウン後、意識がなく、どんどん体が固まっていくように見える。
担架が運び込まれ、病院へと直行。

悪夢だった。
6年ぶりの再会がこんなことになるとは。
その後、開頭手術をして、重体。

リングに上がる前に、私は大嶋くんや、彼を知っている数人に、「勝ったら、決勝戦は一緒に応援に行こう」とすでに連絡していたので、その結果を心待ちにしていた仲間に、この事態を報告することがとても辛かった。

しばらくして、ジムに様子を尋ねると、意識も戻り、命は取りとめたことを確認した。

昨日、1年前の出来事を思い出しながら、彼と同じジムの選手の試合を見ていた。
S君はどうしているのだろう。
あとで、ジムの方に聞いてみよう、としたところ、S君の姿が目に入った。

「あっ!」私は思わず駆け寄った。
彼は、笑みを浮かべながら、私の名前を呼んだ。
「こんにちは!今は社会人としてちゃんと働いてますよ」
特に後遺症は見られなかった。

それどころか、かつての仲間の応援に後楽園ホールにこれるような状態であることが嬉しかった。
全ての青春を賭けた場所を22歳という若さで失う。
始まったばかりの挑戦が、あっという間に終わってしまっても、しっかりと前を見つめ、踏ん張っている様子が嬉しかった。

連絡先を交換し、近々当時の懐かしいメンバーで会うことを約束した。
彼の新しい未来の話を早く聞きたい。            by shiori
[PR]

by officemigi | 2007-09-28 09:36 | ボクシング | Comments(0)

9月24日を終えて

相澤国之の世界戦挑戦は終わった。

相澤選手が、試合後、自分の不甲斐なさに、人前で涙を流す様は今まで決してみることのない姿だった。

昨年、日本タイトルマッチに敗れたとき、初めて悔しいと感じるまで、ずば抜けたセンスが勝利の厳しさを教えることはなかった。

今回、試合直後からあふれ出す涙、負けて、控え室に戻る階段の踊り場で、思わず立ち止まり、壁に顔を突っ伏せて

「悔しい!情けない!情けなさ過ぎる」

腹の底からわきあがる声を発した。

薄暗い壁に、青いブローブをトントンと当てながら。

全く手が出なかった。

出なかったわけではなく、出させてもらえなかった。
パンチの恐さより、距離をとるうまさに追いつけなかった。

何もできないで終わった挑戦。

悔いばかりがこみ上げてくる。
自分に対する怒りが沸々と湧いてくる。

相澤が、本当にボクシングに目覚めた瞬間かもしれない。

この日のために準備してきたいろいろなことを思い出す。

各社スポンサーさま、三迫ジム関係者さま、ボクシング関係者さま、ほんとうにありがとうございました。
心より御礼申し上げます。
[PR]

by officemigi | 2007-09-25 09:28 | ボクシング | Comments(0)

相澤国之世界戦速報

相澤サイドからみたレポートです。悪しからず。

1R、2R 動きよく落ち着いてリングをうごきまわる。

3R ムニョスがいかにも重そうなパンチをおきにくる。
相澤、ヒッティングによる目の上カット。
4R 相澤のトランクスを触る悪い癖がではじめる。

5R 相澤のパンチあたりはじめる。

6R ムニョスのパンチを丁寧によけ、相澤のパンチがコツコツと当たる。

7R わっ!ムニョスが相澤のパンチでよろける。

8R ムニョスの猛攻。大振りのムニョスに小さいパンチをコツコツ当てるが手数が足りない相澤。

9R 相澤、ゴング直前タイミングで貰ったパンチでしりもちダウン。ダメージはないが。

10R 相澤、手数が少ない。ボディをもらう。

11R 大振りのムニョス、体力の消耗激しく相澤はいくしかない! もっと詰めて打て!

12R 相澤、もう倒すしかない! ムニョス、空振りの勢いあまりにスリップ。怒涛の攻防。

判定
3ー0 チャンピオンムニョス防衛。相澤完敗。
[PR]

by officemigi | 2007-09-24 15:29 | ボクシング | Comments(0)

山中大輔結果速報

b0119854_13112416.jpg

3ー0判定勝ち。
スイッチするやりにくい相手だった。

取り急ぎ試合後の山中大輔の言葉を速報します。

ラクしすぎ。
落ち着いてやりたかったのでKOはねらわなかったが。
いつも一杯一杯で集中力がなかった。
久々の試合で倒されることもあるかもと思い、なにがあっても落ち着いてやることを意識した。
落ち着いきすぎて自分のよさをけしてしまった。中途半端になりすぎた。
これから先にいくためにどうすればよいか考えすぎた。
自分のよさばかりだしてKOすることもできたけど。
タイ修業学んだで背の高さを利用してアウトボクシングすることも練習してきたが、不器用なんで切り替えがすぐには難しかった。

下田リベンジ? それもやりたいけど東洋もねらいたい。
ステップアップしたい。
そのために必要な事を探して行きたい。
[PR]

by officemigi | 2007-09-24 13:11 | ボクシング | Comments(0)

本日14時フジテレビ

b0119854_981731.jpg

世界戦
☆ムニョスVS相澤国之☆
☆山中大輔復活☆

後楽園ホール来てほしいけど、来れない人はテレビ観戦よろしくです。

これからホール入りです!
[PR]

by officemigi | 2007-09-24 09:08 | ボクシング | Comments(0)

生きてるうちにしたいこと

b0119854_848344.jpg
今朝、出張先のホテルで新聞を広げると見覚えのある名前と顔が飛び込んだ。

歌手・綾乃ひびきさんだ。熊野の天女座のイベントで5年程前に出会い、その後、デビューされた。

記事には小さな島の高齢者のための看取りの施設でコンサートを行なった時の出来事が書かれていた。

綾乃さんの美しい歌声なら、お箸を持つこともままならないお年寄りが、手拍子をとろうとするミラクルハプニングが起こることは容易く想像できる。

その前に、高齢者のための看取りの施設があるということに驚いた。

いわゆる老人ホームなのだろうか?

久々に触れた綾乃さんから提示された課題。
「生きているうちにしたいこと」

慌ただしく息をしている毎日ではなく、生きている意味を噛みしめながら日々すごしたい。

(23日付 産経新聞 文化欄) by shiori
[PR]

by officemigi | 2007-09-23 08:40 | Comments(0)

相澤国之世界戦

b0119854_1519311.jpg
24日はいよいよ三迫ジムボクサー相澤国之の世界戦。
MIGIでは広報を担当し、いろいろな役割に関わってきた。

相澤選手のことは入門当時から見てきている。
天才とはこういう人のことをいうのだと思うほどセンスがよい。

故に、始めのころは練習しなくても勝てるのだ。

しかし、昨年の日本タイトルマッチでまさかの敗退には驚いた。
負けて始めてわかる悔しいというきもち。 屈辱が練習へ目をむけた。

共に歩いてきた福田健吾トレーナーはボクシング界の元祖アイドル。
その昔、小泉今日子と2人でに芸能雑誌明星などの表紙になるほど。

福田トレーナーはその人気に押し破れ、タイトルはとれずに引退。
その福田トレーナーが相澤に夢をかけた。 あくまでも主役ではなく裏方に徹する。
強豪チャンピオンムニョスになりきってスパーリング相手を勤める。
その激しい練習から福田トレーナーは網膜剥離になるほど。
すでに手術を終え、練習に復帰し、相澤を見守っている。

一人の為に、数多くの思いがかさなりここまできた。

圧倒的にチャンピオン有利といわれる中、何が起こるのか。

後楽園ホールから目がはなせない。
[PR]

by officemigi | 2007-09-21 15:19 | ボクシング | Comments(0)

エンジェル・アイズ千秋楽

b0119854_2441475.jpg
稽古から約3ヶ月間追い続けてきた劇団MOPのお芝居が17日大阪にてとうとう千秋楽を迎える。


とても楽しい夢のような日々。


ものを創る喜びと想像する楽しさを改めて知った。


マキノノゾミさんをはじめ、みなさまには大変お世話になった。
最後の舞台もしっかりと見届けたい。


お芝居に登場する馬が終演後、オークションにだされることになった。


便乗してMIGIからは林カメラマンを出品。
競ってせりおとりてください。
[PR]

by officemigi | 2007-09-17 02:44 | 劇団MOP | Comments(1)

大嶋記胤(おおしまのりつぐ)タイ第3戦

タイでリングに上がるボクサー大嶋記胤が2R TKO勝利をおさめた。

第1~2戦は応援団を従え旅立ったが、今回はトレーナーの平川さんとの2人3脚。

東京より応援した。

目標はチャンピオンになることだ。

日本のリングに上がるために、もっとも早い手立ては海外のランキングに入り、逆輸入ボクサーとして登場することだ。

全身に入った刺青は日本のボクサーとしてリングに上がることを認められていないからだ。

しかし、この地道な努力と熱意が徐々に伝わり、日本のリングも近くなってきている。

ただリングに立ちたいわけでわない。
天辺を目指しているのだ。

この闘いはまだまだ始まったばかり。
その成長を見守り続けたい。
[PR]

by officemigi | 2007-09-15 21:25 | ボクシング | Comments(0)

母ちゃんダンプ・9月14日扶桑社より発売

b0119854_9195692.jpgリスナーが選んだ『車いすのパティシエ』続編、ついに発売!
昨年11月に発売になり、累計10万部を突破した『車いすのパティシエ』の第2 弾『母ちゃんダンプ』がついに発売!ニッポン放送で、月~ 金の8 時半~11時まで毎日生放送の『うえやなぎまさひこのサプライズ!』の「10時のちょっといい話」から過去に放送された中から、リスナーから希望を募った33話収録。

なんとその中に林建次の「ボクサーを撮る男」のお話も掲載されている。

以前、取材依頼の電話をいただいたとき、林はBOXER大嶋記胤(おおしまのりつぐ)の取材でタイ出発の直前。時間がなく、史織の判断で勝手に取材OKの返事をしてしまった。

「あの~それって、本人がしゃべる生放送なんですか?」

「いえ、取材した内容をまとめ、アナウンサーが読み上げます」

「本人がしゃべらないのならOKです」とこんなやり取りだったと思う。

その意味をヒシヒシと感じながら、(質問に的確に答えられませんが、得意分野は話が止まりません)、丁寧な取材をしてくださった構成作家の方に感謝。

とても素敵なコーナーで、構成作家の方とうえやなぎまさひこさんのファンになった。

明日14日に発売。

取材のときと同じように、発売直前の本日、大嶋記胤はタイ第3戦目に出発。
今回は同行できないが、刺青を背負いながら日本のリングにあがり、チャンピオンになることに少しずつ近づいている。
一刻も早く、その権利を得るために、何が何でも勝利してほしい。
大嶋選手の勝利を祈る。
[PR]

by officemigi | 2007-09-13 09:53 | 林建次の日々 | Comments(2)