【オフィスミギ】晴れ男なものですから

ボクサーだったSくんのその後

9月28日のブログの続編です。

現役時代のSくん。リーチが長くて美しいボクシングをする選手だった。
日ごろの穏やかな性格とは裏腹に、リングに上がると気が強くて、前に前に突進する。
刺青ボクサー大嶋宏成に憧れ、そのスタイルを受け継ぐ。
b0119854_88182.jpg

パンチも強くて、KOで勝つ。
夢にまで見た新人王も駆け上がった。
最後の試合は東日本新人王の決勝戦だった。
b0119854_885088.jpg

憧れの大嶋宏成のラッキーカラーで、よく身に着けていた色を取り入れたブルーとピンクのトランクス。
控え室を覗いたら「この試合に勝って、大嶋さんの後を追いかけます!!」と元気に応えた。
その試合で、不運にも、ダメージを受け、担架で運ばれることになる。

開頭手術をして、意識不明の重体の状態が1週間ほど続く。
毎日見舞う母の祈りが届き、目を覚ます。

「なんで、ここにいるの?」

幸い、奇跡的に障害もない。
アルバイトで勤めていた会社の人たちは温かくSくんを見守り、社会復帰に協力してくれた。

あっと言う間のボクサー人生は6戦で幕を閉じたが後悔はない。
ボクシングに対して、恨むどころか、、トレーナーのライセンスを取得し、後輩たちを応援している。シルバーからゴールドに変わったライセンス証を得意げに見せてくれた。
ボクシングをやっていたからこそ得られたものを大切にしていた。

Sくんは全てを前向きに受け入れて、周りの人たちに感謝しながら日々過ごしていたのだ。

あの幼かったSくんが、まぶしいほどに大人の仲間入りをして連絡をくれたときの第一声が
「大嶋さんに会いたいんです」だった。
b0119854_810282.jpg

Sくんを前にして、大嶋はボクサー時代を振り返った。そして、今、スタートしたばかりの新しい道についてしっかりと語った。

「全ての過去を忘れて、一からやり直している」と。

Sくんの存在は、この日、その場にいたみんなを初心に戻らせ、それぞれが原点を見つめ直す機会を与えてくれた。
[PR]

by officemigi | 2007-10-15 07:57 | ボクシング | Comments(4)
Commented by さっしー at 2007-10-15 08:13 x
いやぁ~またオフィスミギブログに書いて頂いて光栄です!

どうもありがとうございます☆

これからもボクシングで培った経験と根性と知識を生かして一歩一歩頑張って歩いていきます☆

人生に近道なんてないですからね☆
Commented by shiori at 2007-10-17 00:20 x
>さっしー
大嶋さんに会えてよかったね。っていうかすごいことだね。
また、みんなで会いましょう!
Commented by Sくんの母 at 2007-10-21 01:07 x
『ブログに書いて下さり、ありがとうございました。
> おかげ様で息子は元気になり、応援して下さった方、心配して下さった方達に感謝しています。私たち家族も笑顔で生活出来るようになってきました。でも、不安な事や心配な事もありますが息子を見守り、応援していきたいと思います。これからもよろしくお願いします。』
Commented by shiori at 2007-10-21 09:40 x
Sくんのお母さん、こんにちは。
大変な日々を乗り越えるとほんとに素敵なことが待っていますね。
ご家族のお話も多々お聞きしました。こちらこそ、よろしくお願いします。
<< ポスターの撮影 エンジェル・アイズ12日(金)... >>