【オフィスミギ】晴れ男なものですから

office MIGI プロフィール

フォトグラファー
 officeMIGI 林建次 

officemigi HP
http://officemigi.com/


スタジオSでスタジオマンを経験し、ストロボランド在籍後、23歳の時、バイク事故で右腕の機能を
失う。3度の手術4度の入退院、リハビリで約3年間の休業。その後、写真館のカメラマンとして社会
復帰し、ライフワークでボクサーたちを撮り始める。使えない右腕をカバーするために、左手でカメラ
を持ち、口にくわえたレリーズでシャッターを切るという独特のスタイルを確立。1999年、フリーランスとして独立。

  写真展 2001年 ボクサー賛歌/大阪中津カンテグランテ
       2003年 拳闘人間/後楽園プリズムホール
             拳闘人間2/池上本門寺
       2005年 ONE THOUSAND OF DREAMS/リフレクション
             生きるために人は夢を見る/YAMAWAKIギャラリー

 メディア  2007年 読売新聞    「ヒト物語」で左腕のカメラマンとして紹介される
             ニッポン放送  うえやなぎまさひこ「サプライズ」    
             扶桑社    「母ちゃんダンプ」より「ボクサーを撮る男」

       2009年 光村図書より中学2年生の道徳の教科書に作品と、カメラマンとして復帰する
            までのストーリーが6ページで収録される。

         NHKサタデースポーツ アナザーストーリー出演
 
             雑誌、ナンバー、ターザン、ダビンチ、フォトグラフィカ、
             読売新聞、千葉日報、等

        2010年 テレビ東京「生きるを伝える」出演 
             BS日テレ「キズナのチカラ」出演   アサヒカメラ、日本カメラ
心がぽかぽかするニュース(財)日本新聞協会
             静岡放送 サイエンスウッドCM出演
             
   書籍  

2009年
「生きるために人は夢を見る」 A-Works 

12年間で20人あまりのボクサーたちと並走しながら、その家族や仲間たちの物語と、自身のライフストーリーを交えた作品集


「そして、幕が上がる」 長崎出版

2007年より劇作家、マキノノゾミ主宰劇団MOPの現場の関わり、演出家、役者たちが、 舞台に上がる直前の究極のシーンを切り取ったドキュメンタリー写真集 


2013年 
「蒼き魂の躍動」駒沢大学アメリカンフットボール部アメフトに青春を賭けた9人の若者たちのドキュメント

取引先  
    
朝日広告社 講談社 小学館 文芸春秋 KKベストセラーズ イーストライツ 
A-Works 長崎出版  コアマガジン シスカンパニー イーストプレス クレタパブリッシング 他

  
[PR]

by officemigi | 2007-07-01 10:43 | プロフィール | Comments(0)
<< かがやくいのちのコンサート 生きるために人は夢をみる 編集会議 >>