【オフィスミギ】晴れ男なものですから

現役僧侶ボクサー釈尊全雄引退

仕事をしながら、プロボクサーとしてリングに上がる。

ボクサーにとっては当たり前のことだが、釈尊全雄(しゃくそんぜんゆう)は特別な職業を持っていた。

b0119854_10185590.jpg

神奈川県のお寺の一人息子として生まれ、家業を継ぐのは当然だと小さい頃から感じていた。

趣味は「お経」。
その朗々と唱えるお経を初めて聞いたときには感動した。

どうしてボクサーになったのか。

高校はイギリスに留学し、初めて親元を離れ、寮生活を体験する。グリーンが美しく、ゴルフ部に入ろうと楽しみにしていたが、夜、部屋にいるとジェイソンに襲われた。それが、部員集めの先輩からの歓迎の儀式と思うにはあまりにも恐すぎて、勧誘されるがまま、他の部活動へ入った。
もし、自分が強ければ、、、初めて弱い自分を悔いた。

そして、日本に帰ってきてからボクシングを始めた。
大学を卒業し、仏道を歩みながらも、ボクサーとしてリングに上がる。
いつの間にか、弱い自分のためではなく、自分を信頼してくれる人々を守るために強くなりたいと思った。

ついに、仕事も忙しくなり、引退を決意しなければならない。
そのための練習に余念はなかった。
今までで最高の試合。
確実に強くなっている。まだまだこれからの選手のような気がした。

この声援を、身体にしみこませて、これからは、仏道一筋となれるのだろうか?

試合後、案の定、また機会があったらやりたいと話していた。


数日後、田中光吉選手の引退式が行われた。最後の試合から2年経っていた。
この日に手渡す「激励賞」に添える言葉に悩んだ。

「おめでとうございます?お疲れ様?なんていえばいいの?」

とshioriが尋ねると、田中選手は

「ここはやっぱりご愁傷様でしょ」

と冗談とも、本気ともいえない言葉が返ってきた。

完全燃焼。田中選手のその言葉を聞いて、たとえタイトルが取れなくても幸せなボクサー生活だったのだとつくづく感じた。

林がタイに取材に行った大嶋記胤選手が、刺青が見えないように黒い長袖のTシャツに身を包み、田中選手のスパーリング相手に選ばれ、その引退の花を飾った。
記胤選手は、レーザーで治療を始め、日本のリングに上がれる可能性が出てきた。

来る者、去る者、戸惑う者、返り咲く者、いろんな人々が交差するリング。
一段と輝かしく見えた。
[PR]

by officemigi | 2007-07-14 10:16 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< トレーナー大嶋宏成 演劇の力 >>