【オフィスミギ】晴れ男なものですから

「晴れ男なものですから」

もうながいこと使っていたブログのタイトルを変えることにする。


「生きるために人は夢を見る」っていうのは2009年に出版した本のタイトルで、

出版前からブログはこのタイトルだった。

ありがたいことに当時一緒に仕事をしていた伊藤さんがつけてくれた。

もちろん本の宣伝を意識してのことでもあり、

当時のワタクシはブログのことなどチンプンカンプンで任せきりだった。


いろんな想いを乗せてつくった本で、

無謀に突っ走っていたいわゆる青春時代といっていい頃である。


つくった作品は愛着あるもので当然大切なんだけど、

ブログのタイトルがいまだにこれなのは、

じつはちょっとこそばゆいというかどこか恥ずかしいとずっと思っていた。

ワタクシもいろんな意味で変化している。


で、そうか、変えればいいのかとそんな簡単なことにようやく気がついた次第である。


「晴れ男なものですから」


そう言わせていただくときがある。

実はわりと晴れ男である。

撮影で明日は雨と予報があっても、

翌日は晴れている、ということが多い。

雨が降っていても撮影のときだけ上がるということも。

だから、仕事で天気の心配はあまりしない。


晴れはいい。

雨よりも曇りよりも晴れがいい。

太陽はあったかい。

ふとんが干せる。最高だ。

晴れたら原っぱで寝転がって本読んで昼寝がしたい。

だから明日も晴れて欲しいものだ。



ただそれだけのことであり、別段深い意味は持たせていない。

ということで

「晴れ男なものですから」

でいくことにします。


まぁオッサンぽくてかっこいいんじゃないかね。

実はこれからの10年がすごく楽しみでもあり。


どうぞよろしく。


[PR]

by officemigi | 2017-03-30 14:21 | 林建次の日々 | Comments(0)
<< あなたがいたから出来たこと 序文 エアサイクルハウジング 施主巡礼 >>