【オフィスミギ】晴れ男なものですから

2/5

アーティストという定義がある限られた世界の人々のことであり、

肩書きなどで世間から敬われる存在で、

また、難解なものを分かる人にだけ分かればいい、というスタンスなら、

そんなものにはなりたくないし、呼ばれたくもないな。


だが例えば、その定義が「生きる」ということに直結し、

善も悪も超越して心揺さぶられる体験を表現するということだったら、

こんな自分でもそうでありたいと願う。


どんな立場の人でも、言ってしまえばこの世に生を受けたのならば、

それがアーティストなんじゃなかな。


LIFE IS ART とはそういうことだと思う、ね。


[PR]

# by officemigi | 2018-02-05 21:56 | 林建次の日々 | Comments(0)

フラッシュバック

たまたま仕事で牛久という場所へ。

24年前になるのかね、
世田谷から行き着いた場所が茨城の牛久愛和病院っていう大きな総合病院。

不思議と当時のことが思い出させられるね。

のたうち回りながら、自分はどうなっちまうんだろうなっていうのか、
10年後、20年後って果たして俺は、とか思ってたかな。
あの当時を考えれば、今は天国にいるようなものだな。

お前さん大丈夫だよ、なんとかなってるからって伝えてやりたいなと思ったね。






[PR]

# by officemigi | 2018-01-26 00:08 | 林建次の日々 | Comments(0)

1月24日

さて、よいよ入稿近いです。
今回は予想以上にタフだった。
それだけ、彼らの持っているものが普遍的で素晴らしいということだと思う。


それはそれでね、自分は年中痛い身体なわけでもう23年ぐらいかな。

日々の生活の中で痛みというものに対して、気を許している場所では無意識に痛そうにしたり、
それを口に出したりしてしまう。

甘えといえば甘えなのかな。甘えだな。
けど、そこまで張り詰めて気を使えない。とてもじゃないが今の自分じゃやっていけない。
俺と同じような痛みを抱えていても、中には平気そうに過ごしている人もいるかもしれない。
残念ながら、自分はそこまで強くない。

外から見れば都合よく痛くなる人と不快に思うこともあるだろう。
そりゃそうだ。会う度に、痛いだなんだといわれればさ、
我慢できねぇのかって、逆の立場なら口に出さずともそう思うこともあるだろうな。

「痛み」とういうものは障害には認定されない。
目に見えないものだし、人によっちゃぁ嘘でもついて障害者になることも考えられる。
けど、「痛み」によって行動や、思考も奪われる瞬間は今でもある。
というか毎日だ。

腕の不自由さも正直に言えば決して楽ではないが、
「痛み」は時としてそれを遥かに上回ることが多い。

人がどう感じるかということをいちいち気にしていたら疲れるし、
けど、そういう自分が不快にさせることもあるのは事実だ。

じゃぁ、どうすればいいのかなと考える。
自分の周りに自分の状態を理解してもらうことは大事だが、
出来る限り痛くならないようにすることはとても大切なことだ。
自分のためだけでなく、周りのためにも、だ。
それができる環境をつくるしかない。
もしかしたら、この数年でできるかもしれない。
そうなれたらいいな。
やるしかない。

これまで、自分のそういう痛がる行動や言葉に対して、
周りが深く理解してくれていたんだということは本当に有難いことだと思う。

よくぞ、、、、と心底思う。



















[PR]

# by officemigi | 2018-01-24 19:29 | 林建次の日々 | Comments(0)